テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

大学フェローシップ事業

大学フェローシップ事業

京都府立医科大学次世代育成「2121」フェローシップ

  本学は、文部科学省「科学技術イノベーション創設に向けた大学フェローシップ創設事業」に採択され、令和3年度から「京都府立医科大学次世代育成『2121』フェローシップ」事業を開始しました。
  京都府立医科大学次世代育成『2121』フェローシップは、2021年に大学昇格100周年を迎える本学が、次の100年間にわたって医学で社会を支える大学であり続けることを宣言し、その責務として科学技術イノベーション創出を担う研究人材の育成を目指す事業です。
 本事業は、博士課程進学者の経済的支援として研究専念支援金(生活費相当額)と研究費からなるフェローシップの支給及びイノベーション創出に向けたキャリアパス支援などを実施する博士課程大学院生の支援制度であり、事業期間は令和3年度(2021年度)から令和9年度(2027年度)までです。
 

 フェローシップの概要

○対象者                                                    優れた研究能力を有し、研究に専念することを希望する大学院医学研究科博士課程第2学年に在籍する30歳未満  (臨床研修を課された医学部に在籍した者は33歳未満)の学生(出産・育児等ライフイベントを経たものについては、個別の事情に応じ、1〜2年程度、上記の年齢要件については配慮)
   ※ 病院や企業等において常勤で勤務する社会人、国費による支援を受けている学生(独立行政法人日本学術振       興会の特別研究員として採用されている学生)、国費外国人留学生、本国から奨学金等の支援を受けている留             学生については対象外                                                    ※ 年齢は採用年度の4月1日現在
○支給人数 6名
○支給期間 3年間(第2学年から第4学年)
○支給額 年額250万円(研究専念支援金:240万円、研究費:10万円)
 

令和3年度支給対象者

 応募者の中から京都府立医科大学フェローシップ評価委員会において選考し、6名の支給対象者を決定しました。支給期間は、令和3年4月から令和6年3月までです。
  
令和3年度実施要領(令和3年度の募集は終了しました。) 

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093