テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

修士課程 遺伝カウンセリングコース

コースの目的

 「ゲノム医療」とは個人のゲノム情報に応じた効果的で効率的な医療・健康管理であり、特にがんや稀少難病領域において急速に臨床応用が進んでいます。一方で、ゲノム情報はその特性により本人や血縁者にとって複雑な課題を生じる場合があり、正確な情報提供とそれに基づく意思決定を援助するプロセス、すなわち「遺伝カウンセリング」のニーズが高まっています。本コースでは、認定遺伝カウンセラー養成専門課程として認定された教育プログラムにより、ゲノム医療時代に求められる幅広い知識と高い倫理観を備え、チーム医療を実践できる遺伝カウンセラーの育成を行います。
 ♦認定遺伝カウンセラー®とは  認定遺伝カウンセラー制度委員会 (umin.ac.jp)

カリキュラムの特徴

(1)  本コースでは、修士課程共通の科目に加えてコース独自の科目を履修することにより、幅広いゲノム医科    学への理解と遺伝カウンセリングの技能、高い倫理観を涵養し、認定遺伝カウンセラー資格の取得を目指し     ます。                                                (2)  本コースでは、遺伝カウンセリングの技能に加え、遺伝子解析の理解と臨床応用に資する能力の獲得に       重点を置きます。                                         (3) 本コースでは、遺伝子診療部ならびに遺伝相談室関連の教員のもとで研究主題を設定、計画立案し、遺     伝カウンセリング研究に取り組みます。

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093