テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

学長からのメッセージ

大学創設150年plus 1 year

学長
 京都府立医科大学は、2022年の秋に明治5年の附属病院の前身である療病院の創設から150周年を迎えます。昨年は大学令発布による大学昇格から100周年を迎えました。
 大学令は、近代国家として高等教育(大学)の在り方を整理し、基準化を行った言わば国家100年の計であり、同時に本学の骨格が定まった出来事です。
 この歩みは、優れた近代医学を京都の地に打ち立てると言う崇高な意思の下に、風雪に耐えた先人の努力があってのことです。看護学科も前身を含めて130年の歴史を重ねています。
 本学の継続には、大学の努力に加えて設置者である京都府の援助、そして何よりも京都府民の本学への信頼が実を結んだものであります。 従って2022年は150年プラス1年目であり、本学の歴史と未来を語る時と考えています。
 大学に集う私たちは、改めて本学の未来をグランドビジョンとして世に問い、「世界トップレベルの医学を地域へ」のスローガンの元、新たな歴史を歩み始めます。
 受験生の皆さん、京都府立医科大学の歴史と未来を一緒に歩みませんか?
 

 京都府立医科大学は、このようなことを考えています。

 
「社会と時代の変化に対応できる医療人を育成します」
 100年前のスペイン風邪大流行、今は新型コロナウイルス感染症の襲来、今後のウイルス感染症に対して「考え、行動できる医療人」を育成します。
「心暖まる安全で安心な高度で先進的な医療を提供し続けます」
Cureとcareに担保された高度で先進的な医療に取り組みましょう。
「医学と医療の視点から継続して発展できる研究課題に取り組みます」
 医療の課題を基礎的な医学研究と社会実装の双方向から解決します。
「京都に求められている国際交流に真摯に取り組みます」
世界トップレベルの医学、医療の構築と絶え間ない情報発信に努めます。
「地球環境やワークライフバランスを私達の課題として考えます」
環境に優しい病院を目指し、多様な社会での医療を適切に提供します。
(「大学案内2023」より)

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093