テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

母性看護学・助産学

大学院科目名 母性看護学・助産学
スタッフ
      教授  松岡 知子 
              講師  吉岡 友香子
              講師  中島 奈美
              助教  原田 幸恵
              助教  松原 千晴
研究内容
【松岡】妊婦の歩行の変化に関する運動学的研究,足浴によるリラックス効果,女性のエンパワーメントを高めるための地域子育て支援の構築と課題,京都における助産師教育の歴史
【吉岡】性と生”の教育における助産師の役割について,性感染症予防やHPVワクチンの普及,女性の心身の健康(生活習慣,睡眠,月経随伴症状,自律神経活動量,ストレス等)に関する研究
【中島】死産における母子関係調和への援助,母と子への立場の変換の必要性について、産婆学における助産診断の実際について
【原田】コートジボワールでの助産師活動について
【松原】妊産褥婦の抑うつ傾向とストレス対処能力の関連について
研究業績
 
1.  松岡知子,岩脇陽子,滝下幸栄,西田直子,山本容子(2010):妊婦の安全な歩行生成に向けた基礎的研究-歩行周期各相における妊婦の筋活動の特徴-,京都府立医科大学看護学科紀要,20,43-50.
 2. 松岡知子,岩脇陽子,滝下幸栄(2011):祖父母との居住距離が1歳8ヵ月児の子どもを持つ母親の育児に与える影響,京都母性衛生学会誌,19,43-50.
 3. 大久保(吉岡)友香子,和泉美枝,森優貴乃,眞鍋えみ子(2011):看護系女子大学生の避妊に関する知識,動機,技能と行動の関連,京都府立医科大学看護学科紀要,20,21-25.
 4. 中島奈美(2017):死産体験記から抽出した母性関係の特徴‐出産前後に関係の調和を促す要因に着目して‐,京都母性衛生学会誌,25(1):27-31
5.藤田峯子, 大江真智子, 松本(原田)幸恵(1992):出生直後の沐浴の妥当性を初期体温下降面から再考(第2報)、母性衛生、33(2)、173-177.
 6.松原千晴、我部山キヨ子;妊産褥婦の抑うつ傾向とストレス対処能力の関連-妊娠末期から産後1ヶ月までの縦断調査(2014),日本助産学会誌,28(2),260-267.

 

問い合わせ先 TEL:075-212-5445
FAX:075-212-5445
e-mail:matuoka@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP  

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093