テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

地域看護学

大学院科目名 地域看護学
スタッフ
准教授 志澤 美保
講師  臼井 香苗
助教  村上 佳栄子
研究内容  地域看護学(公衆衛生看護学)領域は、地域で暮らすあらゆる年代の人々の健康増進や疾病予防、疾病や障害をもった人々の生活と健康に関わる分野です。少子高齢化が進み、人々の健康課題やニーズは複雑化・多様化しています。
 私たちの領域では、行政における保健師活動を中心に、これからの地域社会で求められる個人、家族、グループや小集団、地域全体の健康課題を分析し、地域の健康を守るための支援方法を研究しています。
研究業績

 

  1. Shizawa M, Sanefuji W, Mohri I (2012) : Ostensive cues in mother-infant interaction: Comparing infants with and without autism. The Japanese Journal of Special Education vol.49: 745-754.
  2. Shizawa M, Sanefuji W, Mohri I (2013) : Directing and maintaining infants’attention in mother–infant interaction on infants with and without autism spectrum disorder.Journal of Special Education Research 1: 3-10.
  3. 志澤美保, 義村さや香, 趙朔, 十一元三, 星野明子, 桂 敏樹(2018):幼児期の食行動に関連する要因の研究:自閉症的傾向、感覚特性および育児環境に焦点をあてて, 日本公衆衛生学雑誌, 65(8), 411-419.
  4. 臼井香苗(2012)問題に関連する研究を文献検索して見つけよう,桂 敏樹、星野明子編:はじめの一歩からやさしく進める かんたん看護研究(pp24-39).東京,南江堂.
  5. 臼井香苗,奥津文子,星野明子,桂 敏樹(2012):がん手術後リンパ浮腫患者へのグループ化支援介入研究.人間看護学研究10:77-83.
  6. 臼井香苗(2015):「病と共に生きる」を支える-地域で暮らすリンパ浮腫セルフケアを必要とする人々を支える仕組みづくり.京都府立医科大学雑誌124(6):415-421.
  7. 村上佳栄子(2014):限界集落で暮らし続ける独居高齢者の心理的な強さとコミュニティ.日本公衆衛生学雑誌61(10):450.
  8. 村上佳栄子:中山間地域における限界集落で暮らし続ける独居高齢者の生を支えるプロセス.日本農村医学会雑誌”in press”
問い合わせ先

TEL:075-212-5427

FAX:
e-mail:mshizawa@koto.kpu-m.ac.jp

教室独自のHP

 

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093