テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

中央研究室(実験動物センター)

教室名 中央研究室(実験動物センター)
スタッフ
特任教授  喜多 正和
准教授   大塚 哲
研究内容

1、細菌およびウイルス感染症に関する研究
 ヘリコバクター・ピロリ感染症やインフルエンザウイルス感染症における病態形成機構ならびに感染防御機構を解明するため、マウス感染モデルを作成し、病原因子などを検討している。また、遺伝子組換えマウス、特にインターフェロン遺伝子やインターロイキン遺伝子欠損マウスなどを用いて感染症におけるサイトカインの役割を研究している。
 1)Helicobacter pylori
 2)Porphyromonas
 3)Influenza virus
 4)Herpes virus
2、実験動物の感染症に関する研究
 実験動物の中で、特にマウスの感染症について、疫学調査、病原性の解析、病原遺伝子の解明、検査法の開発などの研究をしている。
 1)Helicobacter hepaticus
 2)Herpes virus
 3)その他 

3、多能性幹細胞の自己複製機構に関する研究
ES細胞やiPS細胞などの「多能性幹細胞」は、どのようにして安定的に自己複製を継続しているのでしょうか? これまでの研究から、従来の血清培養条件下でのES細胞の自己複製は、IL-6ファミリーサイトカインであるLIFと遺伝的背景(マウス系統)に強く依存することが報告されています。我々は、この遺伝的要因の実体を明らかにするために、様々なマウス系統、ラット系統、その他の哺乳類に由来するES細胞を樹立し、解析を進めています。将来的には、哺乳類全般の多能性幹細胞の自己複製を支える最小限要素を記述・比較し、最終的には、多能性とはどのような状態であるのかについての定義付けを目指しています。この成果は、特に医学分野ではナイーブ型iPS細胞を用いた再生医療研究の基盤技術の確立に発展することが期待できます。上記に加えて、生殖・発生工学技術を駆使した遺伝子改変マウスの作成・管理・供給を確実に遂行できる研究協力体制の確立を目指します。
 

研究業績
1) Kime C, Kiyonari H, Ohtsuka S, Kohbayashi E, Asahi M, Yamanaka S, Takahashi M, Tomoda K. Induced 2C Expression and Implantation-Competent Blastocyst-like Cysts from Primed Pluripotent Stem Cells. Stem Cell Reports. 2019 Aug 6. pii:S2213-6711(19)30263-2. doi: 10.1016/j.stemcr.2019.07.011. PubMed PMID: 31402336.
2) Yamane M, Ohtsuka S, Matsuura K, Nakamura A, Niwa H. Overlapping functions of Krüppel-like factor family members: targeting multiple transcription factors to maintain the naïve pluripotency of mouse embryonic stem cells. Development. 2018 May 30;145(10). pii: dev162404. doi: 10.1242/dev.162404. PubMed PMID: 29739838.(Equal contribution)
3) Ichioka H, Yamamoto T, Yamamoto K, Honjo KI, Adachi T, Oseko F, Mazda O, Kanamura N, Kita M. Biomechanical force induces the growth factor production in human periodontal ligament-derived cells. Odontology, 104(1): 27-34, 2016.
4) Ohtsuka S., Futatsugi-Nakai Y., and Niwa H. LIF signaling in mouse embryonic stem cells. JAK-STAT 4(2):p1-9. 2015.
5) Ohtsuka S. and Niwa H. Differential activation of intracellular signaling pathways confer the permissiveness of embryonic stem cell derivation from different mouse strains. Development 142 p1-7. 2015.
6) Ohgitani E, Kita M, Mazda O, Imanishi J. Combined administration of oseltamivir and hochu-ekki-to (TJ-41) dramatically decreases the viral load in lungs of senescence-accelerated mice during influenza virus infection. Arch Virol., 159(2):267-275, 2014.
7) Ohtsuka S, Nishikawa-Torikai S, Niwa H. E-cadherin promotes incorporation of mouse epiblast stem cells into normal development. PLoS One. 7(9):e45220. 2012.
8) Yamamoto K, Yamamoto T, Ichioka H, Akamatsu Y, Oseko F, Mazda O, Imanishi J, Kanamura N, Kita M. Effects of mechanical stress on cytokine production in mandible-derived osteoblasts. Oral Dis., 17(7):712-719, 2011.
9) Shiomi S, Toriie A, Imamura S, Konishi H, Mitsufuji S, Iwakura Y, Yamaoka Y, Ota H, Yamamoto T, Imanishi J, Kita M. IL-17 is involved in Helicobacter pylori-Induced Gastric Inflammatory Responses in a Mouse Model. Helicobacter, 13: 518-524, 2008.
10) Lu H, Wu JY, Beswick EJ, Ohno T, Odenbreit S, Haas R, Reyes VE, Kita M, Graham DY, Yamaoka Y. Functional and intracellular signaling differences associated with the Helicobacter pylori AlpAB adhesin from Western and East Asian strains. J Biol Chem., 282(9): 6242-6254, 2007.
 
問い合わせ先 TEL:075-251-5383
FAX:075-251-5383(電話と兼用)
e-mail:kita@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP  

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093