テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

医薬系化学/化学教室

化学教室HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/y/chemistry/index.html

大学院科目名 医薬系化学
医学部教室名 化学教室
スタッフ
  教授  大庭 誠
 
 
研究内容
有機化学・合成化学・創薬化学などの領域を基盤に、ペプチド・ドラッグデリバリーシステム・ケミカルバイオロジー・生命科学などをキーワードとし、以下の研究に取り組んでいる。
1.環境変化や外部刺激に応答した機能性ペプチドの開発
2.天然のペプチドの機能を超越した天然擬態ペプチドの創製
3.ドラッグデリバリーシステムの開発
4.遺伝子治療・核酸医薬開発への取り組み
研究業績

1.Furukawa, K.; Tanaka, M.; Oba. M.* siRNA delivery using amphipathic cell-penetrating peptides into human hepatoma cells. Bioorg. Med. Chem. 2020, 28(8), 115402.
2.Oba, M.*; Ito, Y.; Umeno, T.; Kato, T.; Tanaka, M. Plasmid DNA delivery using cell-penetrating peptide foldamers composed of Arg-Arg-Aib repeating sequences. ACS Biomater. Sci. Eng. 2019, 5, 5660-5668.
3.Oba, M.*; Nagano, Y.; Kato, T.; Tanaka, M. Secondary structures and cell-penetrating abilities of arginine-rich peptide foldamers. Sci. Rep. 2019, 9, 1349.
4.Furukawa, K; Oba, M.*; Toyama, K.; Opiyo, G. O.; Demizu, Y.; Kurihara, M.; Doi, M; Tanaka, M.* Low pH-triggering changes in peptide secondary structures. Org. Biomol. Chem. 2017, 15(30), 6302-6305.
5.Oba, M.*; Kunitake, M.; Kato, T.; Ueda, A.; Tanaka, M.* Enhanced and prolonged cell-penetrating abilities of arginine-rich peptides by introducing cyclic ,-disubstituted -amino acids with stapling. Bioconjugate Chem. 2017, 28(7), 1801-1806.

 

問い合わせ先
TEL:075-703-4937
FAX:075-703-4937
教室独自のHP http://www.f.kpu-m.ac.jp/y/chemistry/index.html

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093