テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

神経内科学/内科学教室(神経内科学部門)

神経内科学HP http://www.neurology-kpum.com/

大学院科目名 神経内科学
医学部教室名 内科学教室(神経内科学部門)
(附属脳・血管系老化研究センター 神経内科学部門)
スタッフ
教授  水野 敏樹 
 

准教授       吉田 誠克 

講師        笠井 高士 

講師        近藤 正樹 

助教(学内講師)  水田 依久子 

講師        尾原 知行 

助教(学内講師)  丹羽 文俊 

助教(学内講師)  能登 祐一 

助教(学内講師)  田中 章浩 

助教(併任)    小泉 英貴 

助教        田中 瑛次郎 

助教        森井 芙貴子 

病院助教      安田 怜 

病院助教      芦田 真士 

 
研究内容

 認知症、脳卒中、神経難病を主な研究領域としている。アルツハイマー病、遺伝性血管性認知症、正常圧水頭症などの認知症について、SPECT、PET、MRIなどを用いた診断法・評価法、遺伝子解析、アミロイド・タウ・TDP-43などの蛋白解析、認知機能リハビリテーションなどの研究を行っている。脳卒中については急性期治療、予防法・治療マーカーの開発、リハビリテーション、地域連携に力を入れている。

 神経難病に対しては、髄液・血液を用いたパーキンソン関連疾患に対するバイオマーカーの開発研究、ショウジョウバエモデルを用いた筋萎縮性側索硬化症(ALS)・CADASIL・アレキサンダー病の病態解明と治療法開発研究、電気生理学的検査・神経超音波を用いた遺伝性および免疫性末梢性神経疾患・ALSの病態解明研究、他施設との共同による多発性硬化症/視神経脊髄炎(NMO spectrum disorder)をはじめとする神経免疫疾患の病態解明やiPS細胞を用いたシャルコー・マリー・トゥース病・CADASILなどの病態解明研究・神経再生研究に取り組んでいる。

 また、神経・筋疾患に対する病理学的診断および研究、遺伝カウンセリングなども行っている。

 

 

研究業績
 
 1. Koizumi T, Taguchi K, Mizuta I, et al. Transiently proliferating perivascular microglia harbor M1 type and precede cerebrovascular changes in a chronic hypertension model. J Neuroinflammation 2019;16:79.
2. Kasai T, Kojima Y, Ohmichi T, et al. Combined use of CSF NfL and CSF TDP-43 improves diagnostic performance in ALS. Annals of clinical and translational neurology 2019;6:2489-2502.
3. Ohara T, Uehara T, Sato S, et al. Small vessel occlusion is a high-risk etiology for early recurrent stroke after transient ischemic attack. Int J Stroke 2019;14:871-877.
4. Ohmichi T, Mitsuhashi M, Tatebe H, et al. Quantification of brain-derived extracellular vesicles in plasma as a biomarker to diagnose Parkinson's and related diseases. Parkinsonism Relat Disord 2019;61:82-87.
5. Yasuda R, Nakano M, Yoshida T, et al. Towards genomic database of Alexander disease to identify variations modifying disease phenotype. Sci Rep 2019;9:14763.
6. Shinomoto M, Kasai T, Tatebe H, et al. Plasma neurofilament light chain: A potential prognostic biomarker of dementia in adult Down syndrome patients. PLoS One 2019;14:e0211575.
7. Koizumi T, Kerkhofs D, Mizuno T, et al. Vessel-Associated Immune Cells in Cerebrovascular Diseases: From Perivascular Macrophages to Vessel-Associated Microglia. Front Neurosci 2019;13:1291.
8. Makita N, Yamamoto Y, Nagakane Y, et al. Stroke mechanisms and their correlation with functional outcome in medullary infarction. J Neurol Sci 2019;400:1-6.
9. Yoshida T, Mizuta I, Yasuda R, et al. Characteristics of cerebral lesions in adult-onset Alexander disease. Neurol Sci 2020;41:225-227.
10. Koizumi T, Yamamoto Y, Nagakane Y, et al. The anterior one third of the posterior limb of the internal capsule is also supplied by the anterior choroidal artery. J Neurol Sci 2019;406:116455.
11. Koizumi T, Mizuta I, Watanabe-Hosomi A, et al. The CADASIL Scale-J, A Modified Scale to Prioritize Access to Genetic Testing for Japanese CADASIL-Suspected Patients. J Stroke Cerebrovasc Dis 2019;28:1431-1439.
12. Niwa F, Mizuno T, Nakagawa M. Lifestyle improvement or anti-dementia drugs in Alzheimer's disease. Curr Med Res Opin 2019;35:925.
 
問い合わせ先 TEL:075-251-5793
FAX:075-211-8645
E-mail:neurokpu@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093