テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

血液内科学/内科学教室(血液内科学部門)

血液内科学 http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/hematol/

大学院科目名 血液内科学
教室名 内科学教室(血液内科学部門)
スタッフ
教授      黒田 純也
 
 
講師      古林 勉
講師(兼)   志村 勇司
助教      塚本 拓
助教        水谷 信介
病院助教      木元 弥生
病院助教      藤野 貴大
病院助教    伊佐 怜子
研究内容
当教室では「臨床に役立つ血液・腫瘍学研究」をモットーに、以下の基礎・臨床横断断的な研究プロジェクトを展開中です。
 
1. 難治性・治療抵抗性B細胞リンパ腫の病態形成メカニズムの解明による新規治療開発 
「高悪性度B細胞性リンパ腫の分子病態の解明による新規診断法と分子標的治療の開発」、「高リスク濾胞性リンパ腫の臨床診断と分子細胞遺伝学的背景の解明」、「マントル細胞リンパ腫の分子病態解析に基づく新規分子標的治療戦略の開発」を主たるテーマとし、簡便・迅速、しかし論理的な診断システムと新規治療戦略の開発を目指した研究を進めています。
 
難治性造血器腫瘍である多発性骨髄腫(MM)の病態形成や治療抵抗性には、極めて多彩で複雑な分子異常が複雑に絡み合っており、症例間での不均一性も高度であることが治療戦略開発を困難にする要因となっています。その打開を目指して、我々は「細胞遺伝学的・分子生物学的に多様で不均一なMMにおける普遍的な異常の同定」、「多段階悪性化を促進する分子異常・分子制御異常の同定」の両面からのアプローチでの挑戦を継続しています。
 
MMや悪性リンパ腫において腫瘍免疫監視機構の破綻を、より容易に解除しうる治療戦略の開発の実現を目指した研究を推進中です。なかでも、私たちが注目しているのは、「骨髄由来抑制系細胞(MDSC)」です。腫瘍環境においてMDSCが誘導される分子メカニズムの解明を包括的御オミックス解析で紐解き、その制御戦略の開発研究を進めています
 
腫瘍環境誘導性の治療抵抗性獲得機序の解明を通じ、難治病態克服戦略開発のための研究を行っています。
 
京都府立医科大学血液内科学教室と同門会所属組織は、「京都血液臨床研究グループ(KOTOSG)」を構成し、血液診療に関わる様々なリアルワールドの課題の解決に挑戦するとともに、希少病態の情報共有を推進し、日常診療への活用と研究シーズの探索を進めています。
 
研究業績
業績(2018-2020)
  1. Fujibayashi Y, et al. Aberrant BUB1 overexpression promotes mitotic segregation errors and chromosomal instability in multiple myeloma.Cancers, 12: 2206, 2020.
  2. Kuwahara-Ota S, et al. Lenalidomide and pomalidomide potently interfere with induction of myeloid-derived suppressor cells in multiple myeloma. Br J Haematol, in print.
  3. Matsumura-Kimoto Y, et al.Serine-227 in the N-terminal kinase domain of RSK2 is a potential therapeutic target for mantle cell lymphoma. Cancer Med, 9: 5185-5199, 2020.
  4. Isa R, et al. Sequential therapy of four cycles of bortezomib, melphalan, and prednisolone followed by continuous lenalidomide and dexamethasone for transplant-ineligible newly diagnosed multiple myeloma.Ann Hematol, 99: 137-145, 2020.
  5. Tsukamoto T, et al. BRD4-regulated molecular targets in mantle cell lymphoma: insights into targeted therapeutic approach. Cancer Genomics Proteomics,17: 77-89, 2020.
  6. Yamaguchi J, et al. Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disease during imatinib mesylate treatment for chronic myeloid leukemia. Haematologica, 104(8):e376-e379, 2019.
  7. Takimoto-Shimomura T, et al. Dual targeting of bromodomain-containing 4 by AZD5153 and BCL2 by AZD4320 against B-cell lymphomas concomitantly overexpressing c-MYC and BCL2. Invest New Drugs, 37: 210-222, 2019.
  8. Takimoto-Shimomura T, et al. Establishment and Characteristics of a Novel Mantle Cell Lymphoma-derived Cell Line and a Bendamustine-resistant Subline.Cancer Genomics Proteomics,15: 213-223, 2018.
  9. Mizuno Y, et al.Chromosomal abnormality variationdetected by G-banding is associated with prognosis of diffuse large B cell lymphoma treated by R-CHOP-based therapy. Cancer Med, 7; 655-664, 2018.
  10. Tanba K, et al. Prognostic impact of a past or synchronous second cancer in diffuse large B cell lymphoma. Blood Cancer J,8; 1, 2018.
問い合わせ先
教室独自のHP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/hematol/

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093