テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

医療コミュニケーション学/第一外国語教室

大学院科目名 医療コミュニケーション学
医学部教室名 第一外国語教室
スタッフ
 
教授  木塚 雅貴
 
助教  Jason Barrows(ジェイソン バローズ)
 
 
研究内容
(教育史)
 歴史教育に関わる以下4点を、主な研究課題としている。
1. 日露戦争期における第二期国定修身教科書の背景に関する研究。
2. 第二次世界大戦中に起きた日本人・日系アメリカ人強制収容に関する研究。
3. 現在のアメリカの歴史教育における多文化教育に関する研究。
4. 黄禍論に関連する政治的事件や政治的実権を掌握した人物,社会構造に関する研究。
Near Peer Role Models (NPRMs) を用いたピア・ティーチングの有効性に関する研究。
  • NPRMsを活用した言語能力及び異文化理解能力の向上。
  • NPRMsを用いた第二言語学習における動機づけの向上。
The effectiveness of peer teaching using Near Peer Role Models (NPRMs).
  • Utilising NPRMs to improve both linguistic and intercultural competencies.
  • Utilising NPRMs to increase second language learning motivation.
研究業績
<主な著書>
  1. 宍戸真, 森茂利, 鎌田幸雄, Jason Barrows. 2012年. 『Practical Reading Expert』. 株式会社 成美堂.
  2.  Barrows, J. 2013年. 「Japan in the American Classroom」. 『American Social Studies』. Westfield Washington High/Hamilton Publishing.
  3.  相羽千州子, 藤原真知子, Brian Byrd, Jason Barrows. 2016年. 『Hello, English』. 株式会社 成美堂.

 

<主な論文>
  1.  Barrows, J. 1999年. 「第二期国定終身教科書の「忠義」及び「忠君愛国」の教材の背景」.『教授学の探究』. pp.123-134. 北海道大学院教育学研究科第16号.
  2.  Barrows, J. 2001年. 「米国の社会教科 書にみる日本」. 『教授学の探究』. pp. 183-198. 北海道大学院教育学研究科第18号.
  3. Barrows, J. 2004年.「第二期国定終身教科書にみる伊勢神宮-」. 『北星論集』. pp. 89-96. 北星学園大学文学部 第41巻.
  4. Barrows, J. 2006年.「女子の役割の教材の背景:日露戦争に着目して-」. 『北星論集』. pp. 163-169. 北星学園大学文学部 第41巻.
  5.  Barrows, J. 2013年. 「黄禍論 」.『東京電機大学総合文化研究』. (127-132頁) . 東京電機大学紀要 第11号 .
  6. 6. Barrows, J. 2015年. 「社会科教育カリキュラムにおける多文化教育現状と課題 」. pp. 127-132.『東京電機大学総合文化研究』東京電機大学紀要第13号.
  7. 7. Stone N, Barrows J. 2017年. 「The type of English used in TOEIC Classrooms can Improve ESL Learner Motivation and Achievement」pp. 105-116.『International Institute of Social and Economic Science』Vol.4. University of Vienne, Italy.
  8. 8. 早坂勇介、相羽千州子、Barrows Jason、 宍戸真. 2017年.「BeeDance®を活用した英語指導例」. pp. 14-23. 『e-Learning教育研究』. E-Learning教育第11巻.
  9. 9. 早坂裕介,Stone Nicolas,相羽千州子,山下玲子,Barrows Jason. 2018年.「How computer-based and paper-based modes of learning affect student performance on vocabulary tests in the TOEIC classroom」. pp. 105-116.『 International Journal of Teaching and Education』Vol.5, No.2. University of Vienne, Italy. 
     
研究業績

1. Lingley, D. 2015. “An NPRM approach to study abroad-related motivation

    and anxiety”. In P. Clements, A. Krause, & H. Brown (Eds.), JALT2014

    Conference Proceedings. Tokyo: JALT. pp. 299-306.
2. Lingley, D. & Edwards, P. 2016. “Decoding Demotivators: Examining

  factors that weaken enthusiasm toward study abroad”. The 2nd

  IRI Language and Culture Research Forum. Kansai Gaidai University:

    Osaka. pp. 125-134.
3. Lingley, D. 2016. “Peer mentoring: An NPRM-driven online group”.

    In P. Clements, A. Krause, & H. Brown (Eds.), Focus on the learner.

    Tokyo: JALT. pp. 202-207.

4.Lingley, D. 2017. “The power of peers:NPRMs in the EFL classroom”. The

  Journal of Inquiry and Research,106, (9). Kansai Gaidai University: Osaka.

  pp. 185-196.
 

問い合わせ先
TEL:075-703-4936(木塚)
FAX:075-703-4936
教室独自のHP  

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093