テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

消化器内科学/内科学教室(消化器内科学部門)

消化器内科学HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/syokanai/index.html

大学院科目名 消化器内科学
医学部教室名 内科学教室(消化器内科学部門)
スタッフ

 教授   伊藤 義人
 
准教授(兼)    内藤 裕二(内視鏡・超音波診療部)
准教授       小西 英幸
准教授(併任)   時田 和彦(京都府乙訓保健所)
准教授(併任)   高木 智久(医療フロンティア展開学)
講師(兼)     阪上 順一(内視鏡・超音波診療部、総合診療科)
講師        保田 宏明
講師(兼)     石川 剛(化学療法部)
講師        十亀 義生
講師        森口 理久
講師(兼)     吉田 直久(内視鏡・超音波診療部)
学内講師(併任)  内山 和彦(京都府職員総務課健康管理医)
学内講師      鎌田 和浩
学内講師      山口 寛二
学内講師(併任)  堅田 和弘(北部医療センター)
助教        西川 太一朗
助教        楳村 敦詩
助教        土肥 統
助教        井上 健
助教(併任)    岡山 哲也(北部医療センター)
助教(併任)    春里 暁人(北部医療センター)
助教(併任)    福居 顯文(北部医療センター)
助教(併任)    石破 博(北部医療センター)
助教(併任)    廣瀬 亮平(京都府健康福祉部福祉・援護課)
助教(併任)    瀬古 裕也(京都府健康福祉部健康対策課)
病院助教      竹谷 祐栄
研究内容
  1. 肝細胞癌の病態解析と至適治療法・治療戦略の開発
  2. 動物モデルを用いた非アルコール性脂肪肝炎の発症・癌化に関わる新たな分子の同定
  3. 動物モデルを用いた非アルコール性脂肪肝炎の病態・細胞老化を規定する免疫細胞の解析
  4. 非アルコール性脂肪肝炎への進展を規定する遺伝的および環境因子の解明
  5. 非アルコール性脂肪肝炎に対する新規治療法の開発
  6. 難治性C型慢性肝炎の病態解析と治療法の選定
  7. 完治率90%以上を確保するためのC型慢性肝炎・肝硬変の治療法の開発
  8. 治療前・後に出現するDAA耐性ウイルスの解析
  9. 発癌機構に着目した肝細胞癌の治療・予防法の開発
  10. 動物モデルを用いた膵癌の病態解明
  11. 炎症性疾患に対する新規治療標的分子の探索
  12. 大腸癌のリキッドバイオプシー
  13. 消化管微生物叢と疾患に関する研究
  14. 消化器癌に対する化学・免疫・温熱療法
  15. ヘリコバクター・ピロリ菌除菌療法による胃発癌予防の基礎的・臨床的研究
  16. 早期癌の内視鏡的治療を含めた消化器癌の高度先進医療
  17. 特殊光内視鏡を用いた内視鏡診断・治療の開発
  18. 急性膵炎の重症化予知
  19. CRAI、ENなどの急性膵炎に対する特殊療法の検証
  20. 慢性膵炎疼痛対策としての経腸栄養療法の検証と標準化
  21. 慢性膵炎、遺伝性膵炎・家族性膵炎の全国調査解析
  22. 膵癌の治療効果予測因子の検討
  23. 消化器癌の発癌に関わる癌遺伝子・癌抑制遺伝子の検索とその機能解析
研究業績

1)Increase in the skeletal muscle mass to body fat mass ratio predicts the decline in transaminase in patients with nonalcoholic fatty liver disease. J Gastroenterol. 2018 Jun 14. doi: 10.1007/s00535-018-1485-8.

2)Ledipasvir-sofosbuvir for treating Japanese patients with chronic hepatitis C virus genotype 2 infection. Liver Int. 2018 Sep;38(9):1552-1561. doi: 10.1111/liv.13685. Epub 2018 Jun 29.

3)Combination of PNPLA3 and TLL1 polymorphism can predict advanced fibrosis in Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease. J Gastroenterol. 2018 Mar;53(3):438-448. doi: 10.1007/s00535-017-1372-8. Epub 2017 Jul 25.

4)Sorafenib versus Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy as Initial Treatment for Hepatocellular Carcinoma with Advanced Portal Vein Tumor Thrombosis. Liver Cancer. 2017 Nov;6(4):275-286. doi: 10.1159/000473887. Epub 2017 Aug 29.

5)p62, Upregulated during Preneoplasia, Induces Hepatocellular Carcinogenesis by Maintaining Survival of Stressed HCC-Initiating Cells. Cancer Cell. 2016 Jun 13;29(6):935-948. doi: 10.1016/j.ccell.2016.04.006. Epub 2016 May 19.

6)Efficacy of precutting endoscopic mucosal resection with full or partial circumferential incision using a snare tip for difficult colorectal lesions. Endoscopy 2019; 51(9): 871-876.

7)Differences in gut microbiota associated with age, sex, and stool consistency in healthy Japanese subjects. J Gastroenterol 2019; 54(1): 53-63.

8)Elevated ER stress exacerbates dextran sulfate sodium-induced colitis in PRDX4-knockout mice. Free Radical Biol Med 2019; 134: 153-164.

9)Early-Life Microbiota Exposure Restricts Myeloid-Derived Suppressor Cell-Driven Colonic Tumorigenesis. Cancer Immun Res 2019; 7(4): 544-551.

10)Blue laser imaging-bright improves the real-time detection rate of early gastric cancer: a randomized controlled study. Gastrointest Endos 2019; 89(1): 47-57.

11)Usefulness of urinary trypsinogen 2 and trypsinogen activation peptide in acute pancreatitis: A multicenter study in Japan. World journal of gastroenterology. Jan 7 2019;25(1):107 117.

12)Association of fatty pancreas with pancreati c endocrine andexocrine function. PloS one. 2018;13(12):e0209448.

 
問い合わせ先 TEL:075-251-5519
FAX:075-251-0710
e-mail:syokanai@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP

 

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093