テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

神経発生生物学/生物学教室

神経発生生物学HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/y/biology/

大学院科目名 神経発生生物学
医学部教室名 生物学教室
スタッフ
教授  小野 勝彦
 
 
准教授    野村 真
講師(学内) 後藤 仁志
研究内容
(研究テーマ) 
脊椎動物を用いた神経系や感覚器の発生の研究を行なっています。マウス胎仔・ニワトリ胚などへの外来遺伝子の導入や、遺伝子改変動物を用いて解析しています。神経細胞やグリア細胞の発生・分化の研究、哺乳類大脳皮質の進化発生学的研究も行っています。
何が学べるか
(1)脊椎動物(マウス、ニワトリ胚)の神経系や感覚器の形態およびそれらのでき方:特に脳の回路形成や細胞移動の制御機構、グリア細胞の発生機構、細胞内代謝と発生の関係など
(2)羊膜類(哺乳類、爬虫類、鳥類)の大脳発生過程における神経幹・前駆細胞の増殖・分化機構の比較解析
(3)形態学的解析方法;正常標本作製、免疫組織化学染色、in situ hybridization法、エレクトロポレーションによる遺伝子導入、また遺伝子クローニングなど
 
大学院生・卒業研究生を募集しています。興味のある方はお気軽に連絡・お立ち寄りください。詳細は教室のHPをご覧ください。
 
 
胎児期のマウスの脳内のOlig2陽性細胞をGFPで標識して、生後60日の視神経を観察した。GFP陽性オリゴデンドロサイト(緑)がミエリンを形成し、マーカーであるCC1(赤色)を発現している。
研究業績
  1. Kawano K., Gotoh H., Nomura T., Ono K. (2018). Birthday-dependent heterogeniety of oculomotor neurons is involved in transmedian migration in the developing mous midbrain.
    Journal of Chemical Neuroanatomy94, 32-38.
  2. Gotoh H., Wood W.M., Patel K.D., Factor D.C., Boshans L.L., Nomura T., Tesar P.J., Ono K., Nishiyama A. (2018). NG2 expression in NG2 glia is regulated by binding of SoxE and bHLH transcription factors to a Cspg4 intronic enhancer. 
    Gliadoi:10.1002/glia.23521.
  3. Yamashita W., Takahashi M., Kikkawa T., Gotoh H., Osumi N., Ono K., Nomura T. (2018). Conserved and divergent functions of Pax6 underlie species-specific neurogenic patterns in the developing amniote brain. 
    Development 145,dev159764.doi:10.1242/dev.159764.
  4. Nomura T., Yamashita W., Gotoh H., Ono K. (2018). Species-specific mechanisms of neuron subtype specification reveal evolutionary plasticity of amniote brain development. Cell Reports 22, 3142-3151.
  5. Ono K., Yoshii K., Tominaga H., Gotoh H., Nomura T., Takebayashi H., Ikenaka K. (2017). Oligodendrocyte precursor cells in the mouse optic nerve originate in the preoptic area.
    Brain Structure and Function 222(5): 2441-2448. doi: 10.1007/s00429-017-1394-2.
  6. Gotoh H., Nomura T., Ono K. (2017). Glycogen serves as an energy source that maintains astrocyte cell proliferation in the neonatal telencephalon. 
    Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism 37(6): 2294-2307.
  7. Nomura T., Ohtaka-Maruyama C., Yamashita W., Wakamatsu Y., Murakami Y., Calegari F., Suzuki K., Gotoh H., Ono K. (2016). The evolution of basal progenitors in the developing non-mammalian brain. Development 143(1): 66-74.
問い合わせ先
TEL:075-703-4940
FAX:075-703-4978
教室独自のHP  http://www.f.kpu-m.ac.jp/y/biology/

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-251-7093