神経発生生物学/生物学教室

神経発生生物学HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/y/biology/

大学院科目名 神経発生生物学
医学部教室名 生物学教室
スタッフ
教授  小野 勝彦
 
 
准教授    野村 真
講師(学内) 後藤 仁志
研究内容
(研究テーマ)
脊椎動物を用いた神経系や感覚器の発生の研究を行なっています。マウス胎仔・ニワトリ胚などへの外来遺伝子の導入や、遺伝子改変動物を用いて解析しています。成体脳での神経新生のメカニズム、羊膜類の大脳皮質の進化生物学的研究も行っています。
何が学べるか
(1)脊椎動物(マウス、ニワトリ胚)の神経系や感覚器の形態およびそれらのでき方:特に脳の回路形成や細胞移動の様式、制御機構、グリア細胞の発生機構など
(2)成体脳で見られる神経新生とその制御機構、および障害を受けた脳での神経幹細胞の分化特性
(3)羊膜類の大脳皮質の出現メカニズム
(4)形態学的解析方法;正常標本作製、免疫組織化学染色、in situ hybridization法、エレクトロポレーションによる遺伝子導入、また遺伝子クローニングなど
 
大学院生・卒業研究生を募集しています。興味のある方はお気軽に連絡・お立ち寄りください。詳細は教室のHPをご覧ください。
 
 
転写因子Olig2の欠損マウスで見つかった神経回路形成異常。Olig2が神経回路形成の調節にかかわることを示した初めての所見。
研究業績
  1. Gotoh H, Nomura T, Ono K. Glycogen serves as an energy source that maintains astrocyte cell proliferation in the neonatal telencephalon.  J Cereb Blood Flow Metab in press.
  2. Nomura T, Ohtaka-Maruyama C, Yamashita W, Wakamatsu Y, Murakami Y, Calegari F, Suzuki K, Gotoh H, Ono K. (2016) The evolution of basal progenitors in the developing non-mammalian brain. Development. 143(1):66-74.
  3. Nomura T, Yamashita W, Gotoh H, Ono K. (2015) Genetic manipulation of reptilian embryos: toward an understanding of cortical development and evolution.Front Neurosci.;9: 45.
  4. Ono K*,**, Clavairoly A**, Nomura T, Gotoh H, Uno A, Armant O, Takebayashi H, Zhang Q, Shimamura K, Itohara S, Parras CM, Ikenaka K. (2014)  Development of the prethalamus is crucial for thalamocortical projection formation and is regulated by Olig2.Development, 141: 2075-2084.
  5. Yamashita T*, Ono K*, Ohuchi H*, Yumoto A, Gotoh H, Tomonari S, Sakai K1, Fujita H, Imamoto Y, Noji S, Nakamura K, and Shichida Y (2014) Evolution of mammalian Opn5 as a specialized UV-absorbing pigment by a single amino acid mutation. J. Biol. Chem., 289, 3991-4000.  *equal contribution/co-first
  6. Nomura T, Gotoh H, Ono K. (2013) Changes in the regulation of cortical neurogenesis contribute to encephalization during amniote brain evolution. Nature Communications, 4, 2206
  7. Gotoh H, Ono K, Nomura T, Takebayashi H, Harada H, Nakamura H, Ikenaka K. (2012) Nkx2.2+ Progenitors Generate Somatic Motoneurons in the Chick Spinal Cord. PLos One, 7(12): e51581.
問い合わせ先
TEL:075-703-4940
FAX:075-703-4978
教室独自のHP  http://www.f.kpu-m.ac.jp/y/biology/
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.