テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

医療センター

概要

医療センターは、府の医療機関、保健所などの行政機関に継続的に大学から医師を派遣する機関として、昭和46年に本学の附属機関として設置されました。
以来、医療保健行政などの分野で、医療に関する高度な知識や技能を地域社会に還元するための使命を果たし、地域社会との連携を進める上でユニークなシステムとして注目され今日に至っています。

 参考(PDFファイル):Role Model集 未来につながる公衆衛生医師というキャリア (2017年3月発行)

 

所長

中川 正法(附属北部医療センター教授)
 

業務

医療センターは、教育及び研究の機能を持つとともに、次の業務を行っています。

  1. 地域医療の推進に関する助言並びに指導協力
  2. 地域における公衆衛生、環境衛生に関する助言並びに指導協力
  3. 大学における研究成果の地域社会への還元
  4. その他府民の健康確保に関する保健福祉行政の推進協力

 

派遣先

医療センター職員は、大学教員としての立場を併せ持ち、保健所をはじめとした府の行政機関等に対し計42名の教員(平成31年4月1日現在)を派遣しています。 
配置先 配置人員 主な配置先の職
医療センター (1) 所長
職員総務課 健康管理医(総括、精神保健担当)
リハビリテーション支援
センター
1 センター長
福祉・援護課 福祉・援護課医務主幹
健康対策課
2 健康対策課医務主幹(2)
保健環境研究所 所長
精神保健福祉総合センター 所長、医療福祉課長、主任医師
山城広域振興局 4
健康福祉部長(山城北保健所長兼務)、
乙訓保健所長、山城南保健所長、
山城北保健所医務主幹
南丹広域振興局
健康福祉部長(南丹保健所長兼務)、
南丹保健所医務主幹
中丹広域振興局 3
健康福祉部長(中丹東保健所長兼務)、
中丹西保健所長
丹後広域振興局 健康福祉部長(丹後保健所長兼務)
看護学校 校長
心身障害者福祉センター
所長、附属リハビリテーション病院長、整形外科医長、健康福祉総務課副課長(神経内科医長)、
歯科医長
こども発達支援センター
所長、健康福祉総務課副課長(診療課長)、小児科医長、精神科医長
舞鶴こども療育センター 所長、副所長兼小児科部長、小児科医長
京丹後市立久美浜病院 1
 
綾部市立病院 整形外科医長
福知山市民病院  
弥栄病院 2  

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093