テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

医療コミュニケーション学/第一外国語教室

大学院科目名 医療コミュニケーション学
医学部教室名 第一外国語教室
スタッフ
 
教授  木塚 雅貴
 
助教  Dana Lingley(デイナ リングリィ)
 
研究内容
大学院医学研究科応用言語学・医学部医学科第1外国語教室(英語)では、英語教育に関わる以下の3点を、主な研究課題としている。
<(1)英語教育の方法理論と実践に関する研究
・イギリスに起源を有するコミュニケーション重視の英語教育の方法(The Communicative Approach/Communicative Language Teaching)を中心とする英語教育の方法理論と実践に関する研究。
・初等中等教育(小学校・中学校・高等学校)の英語を中心とした学校教育におけるカリキュラム・学級編制・教育実践に関する研究。
(2)教師と医師を中心とする専門職養成(教員養成・教師教育、医師養成教育)の方法に関する研究。
(3)授業研究の方法に関する研究。
(4)日本とイギリスの離島における学校教育・教師と医療・医師に関する研究。
Near Peer Role Models (NPRMs) を用いたピア・ティーチングの有効性に関する研究。
  • NPRMsを活用した言語能力及び異文化理解能力の向上。
  • NPRMsを用いた第二言語学習における動機づけの向上。
The effectiveness of peer teaching using Near Peer Role Models (NPRMs).
  • Utilising NPRMs to improve both linguistic and intercultural competencies.
  • Utilising NPRMs to increase second language learning motivation.
研究業績
<主な著書>
  1. 木塚雅貴.2002年.「第23章 中学校英語科教諭調査結果」.『学級編制に関する総合的研究』(桑原敏明編).pp.365‐397.多賀出版.
  2. 木塚雅貴編著.2008年.『小・中連携を「英語」ではじめよう!』.日本標準.
  3. 木塚雅貴.2009年.「第8章 第3節 小学校英語と教育課程」.『教育課程』(山﨑準二編).pp.152‐158.学文社.
  4. 木塚雅貴.2010年.「第3章第1節 トロント大学における教員養成の方法と日本への示唆」.『高度実践型の教員養成へ――日本と欧米の教師教育と教職大学院――』(三石初雄・川手圭一編).pp.155‐177.東京学芸大学出版会.
  5. 木塚雅貴.2013年.「II 九、専門職としての教師と医師 専門職養成としての教員養成と医師養成」.『続・教師教育の創造』(寺﨑昌男・冨田福代編).pp.385‐393.評論社.
  6. 木塚雅貴.2018年.「第8章 第3節 小学校英語と教育課程」.『教育課程』(山﨑準二編).pp.155-162.学文社.
  7. 木塚雅貴.2019年.「理論編 12 高等学校英語教育の展開」,pp.80-87.「実践編 10 授業分析(3)――高等学校英語」,pp.173-180.「実践編 14 5 Suggestopedia・6 Community Language Learning・7 Task-based syllabus」,pp.206-209.『新しい時代の英語科教育法 小中高を一貫した理論と実践』(木村松雄編著).学文社.
     
<主な論文>
  1. Kizuka. M.2006.“Professionalism in English Language Education in Japan”.English Language Teacher Education and DevelopmentVol. 9. pp.55‐62.Centre for English Language Education (University of Warwick).
  2. Kizuka. M.2009.“Explorations of Initial Teacher Education in a university in England, with Special Reference to Trainees’ Views on Practical Teaching Experience”.『日本教育大学協会研究年報 第27集』.pp.53‐66.日本教育大学協会.
  3. 木塚雅貴.2011年.「授業観察とその省察を中心とする教員養成の方法に関する研究――省察能力の育成に着目して――」.『日本教師教育学会年報 第20号』.pp.142‐154.学事出版.
  4. 木塚雅貴.2012年.「専門職養成教育における『省察』――ドナルド・ショーンの視座に基づく教師教育と医学教育の架橋――」.『京都府立医科大学雑誌』第121巻 第5号.pp.1‐9.京都府立医科大学.
  5. 木塚雅貴.2013年.「グローバル・スタンダード(Global Standards)に基づく専門職養成基準(professional standards)と質保証――医師養成教育から教師教育への示唆――」.『英語教育 1月号』.pp.60‐62.大修館書店.
  6. 木塚雅貴.2016年.「アメリカ合衆国の州立大学における4年制教員養成に関する一考察――イリノイ州立大学PDSにおける教育実習の事例研究――」.『日本教師教育学会年報 第25号』.pp.126-130.学事出版.
  7. 木塚雅貴・木塚誉貴・Charles Siderfin・Peter Diamond.2016.「日本とイギリスの離島における医療・教育政策に関する調査――専門職の資質向上を中心に――」.『グレイト・ブリテンササカワ財団2015 年度 助成事業 「医学」 報告書』.全52ページ.
  8. Kizuka, M. 2018.  “Back to Basics: What is Lesson Study?—The Way Forward—”. The 11th Annual Conference of the World Association of Lesson Studies 発表論文集.
  9. Kizuka, M. 2018. “Professional Expertise, Continuing Professional Development and Lesson Study”. The 1st PGSD UST International Conference on Education 基調講演論文集.
  10.  Kizuka, M. 2018. ”Teachers, Teacher Educators and Teacher Education in the Digital Era —Future Directions of Continuing Professional Development and the Way Forward—“. The 2nd International Conference on Educational Sciences 基調講演論文集.
     
研究業績

1. Lingley, D. 2015. “An NPRM approach to study abroad-related motivation

    and anxiety”. In P. Clements, A. Krause, & H. Brown (Eds.), JALT2014

    Conference Proceedings. Tokyo: JALT. pp. 299-306.
2. Lingley, D. & Edwards, P. 2016. “Decoding Demotivators: Examining

  factors that weaken enthusiasm toward study abroad”. The 2nd

  IRI Language and Culture Research Forum. Kansai Gaidai University:

    Osaka. pp. 125-134.
3. Lingley, D. 2016. “Peer mentoring: An NPRM-driven online group”.

    In P. Clements, A. Krause, & H. Brown (Eds.), Focus on the learner.

    Tokyo: JALT. pp. 202-207.

4.Lingley, D. 2017. “The power of peers:NPRMs in the EFL classroom”. The

  Journal of Inquiry and Research,106, (9). Kansai Gaidai University: Osaka.

  pp. 185-196.
 

問い合わせ先
TEL:075-703-4936(木塚)
FAX:075-703-4936
教室独自のHP  

 

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093