内分泌・乳腺外科学/外科学教室(内分泌・乳腺外科学部門)

内分泌・乳腺外科HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/breast/

大学院科目名 内分泌・乳腺外科学
医学部教室名 外科学教室(内分泌・乳腺外科学部門)
スタッフ
教授  田口 哲也
 
 
講師(学内)  阪口 晃一
助教      中務 克彦
研究内容
  1. 乳癌では近年、整容面の患者QOL向上が強く打ち出され、一貫して縮小手術の方向で臨床研究が進み、乳房温存療法やセンチネルリンパ節生検、さらには腋窩リンパ節郭清の省略化が実施されるようになって来た。しかし、その行き過ぎは術後の局所再発や生存率の低下を招き懸念されている。この解決策を研究する目的で、適切な術前薬物療法と広汎な乳房部分切除に乳房再建術を併用した手術に放射線を加味する集学的治療の研究を行っている。乳癌自体の予後改善と術後整容性の改善によるトータルな患者QOLの向上を目指している。
  2. 乳癌の術前術後の補助化学療法では、単剤より多剤の併用療法の導入によりより効果的な治療法が開発されてきた歴史がある。最近、多数登場してきた新規の抗癌剤や分子標的薬についてもより効果的な療法の開発が必要で、それを検討するための臨床試験を実施中である。
  3. 抗癌剤と分子標的薬では、癌細胞以外の作用ターゲットが表皮や毛母細胞にあることが判明していて、共通の副作用が出現する。この分子レベルの機序を解明しながら副作用の予防と治療を目標に、治療薬の開発が進行中である。
  4. 乳がんに対する手術ではリンパ節郭清が行われるが、より低侵襲で確実な手術を行うには、リアルタイムかつ正確な術中リンパ節転移診断が必要とされる。われわれは5-アミノレブリン酸塩酸塩により、摘出したリンパ節に転移があるかないかの診断を特殊な顕微鏡システムによって正確に診断するための研究を行っている。それが実現されれば術中により迅速・正確な病期診断が可能となり、必要十分なリンパ節郭清を含めた合理的手術が実現される可能性がある。
研究業績
  1. Taguchi T, Yamamoto D, Masuda N, Oda K, Nakayama T, Nagata T, Nomura M, Yoshidome K, Yoshino H, Matsunami N, Miyashita M, Furuya Y, Ishida T, Wakita K, Sakamoto J, Noguchi S; Kinki Breast Cancer Study Group (KBCSG). Low dose capecitabine plus weekly paclitaxel in patients with metastatic breast cancer: a multicenter phase II study KBCSG-0609.Cancer Chemother Phamacol. 2013 Mar;71(3):741-7.
  2. Taguchi, T., Masuda, N., Nakayama, T., Motomura, K., Tsukamoto, F., Shimazu, K., Nomura, T., Morimoto, T., Yamamoto, H., Wakita, K., Nakano, Y., Yoneda, K., Inaji, H., Takatsuka Y. and Noguchi S. Phase II Trial in Japan of Sequential Administration of Weekly Paclitaxel followed by FEC as Neoadjuvant Chemotherapy for Locally Advanced Breast Cancer [KBCSG0206 Trial: Kinki Breast Cancer Study Group (KBCSG)]. Oncology 78(5-6):302-308 2010.
  3. Taguchi, T., Nakayama, T., Masuda, N., Yoshidome, K., Akagi, K., Nishida, Y., Yoshikawa, Y., Ogino, N., Abe, C., Sakamoto, J., Noguchi, S., Kinki Breast Cancer Study Group. Study of Low-Dose Capecitabine Monotherapy for Metastatic Breast Cancer. Chemotherapy, 56(2):166–170, 2010.
  4. Taguchi, T., Aihara, T., Takatsuka, Y., Shin, E., Motomura, K., Inaji, H., and Noguchi, S. Phase II study of weekly paclitaxel for docetaxel-resistant metastatic breast cancer in Japan. Breast J, 10: 509-513, 2004.
問い合わせ先
TEL:075-251-5534
FAX:075-251-0270
e-mail:breast@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.