テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

内分泌・乳腺外科学/外科学教室(内分泌・乳腺外科学部門)

内分泌・乳腺外科HP https://www.kpumbreast.com/

大学院科目名 内分泌・乳腺外科学
医学部教室名 外科学教室(内分泌・乳腺外科学部門)
スタッフ
教授  田口 哲也
 
 
講師      阪口 晃一
助教      中務 克彦
研究内容
  1. 閉経後ホルモン感受性乳癌に対して術後内分泌療法としてアロマターゼ阻害薬内服を予定している患者さまを対象として、デノスマブ併用による術後内服していただくアロマターゼ阻害薬による骨量減少の予防効果を評価します。海外の研究ではデノスマブによって骨量低下を予防し骨折などの副作用を減らすことが証明され、また再発抑制効果も報告されましたが、日本での検討はまだされておりません。
  2. 乳癌では近年、整容面の患者QOL向上が強く打ち出され、一貫して縮小手術の方向で臨床研究が進み、乳房温存療法やセンチネルリンパ節生検、さらには腋窩リンパ節郭清の省略化が実施されるようになって来た。しかし、その行き過ぎは術後の局所再発や生存率の低下を招き懸念されている。この解決策を研究する目的で、適切な術前薬物療法と広汎な乳房部分切除に乳房再建術を併用した手術に放射線を加味する集学的治療の研究を行っている。乳癌自体の予後改善と術後整容性の改善によるトータルな患者QOLの向上を目指している。
  3. 乳癌の術前術後の補助化学療法では、単剤より多剤の併用療法の導入によりより効果的な治療法が開発されてきた歴史がある。最近、多数登場してきた新規の抗癌剤や分子標的薬についてもより効果的な療法の開発が必要で、それを検討するための臨床試験を実施中である。
  4. 抗癌剤と分子標的薬では、癌細胞以外の作用ターゲットが表皮や毛母細胞にあることが判明していて、共通の副作用が出現する。この分子レベルの機序を解明しながら副作用の予防と治療を目標に、治療薬の開発が進行中である。
  5. 乳癌の術後には再発を抑えるための治療としてホルモン療法を行います。このホルモン療法は再発を抑えるというメリットがある反面、骨密度が下がってしまうというデメリットがあります。ホルモン療法を行っている患者様の1年以内の骨強度の推移については今までにデータはありません。この研究結果が出れば、より詳細な骨強度の推移が分かるため、ホルモン療法を行う患者様の骨の健康を守るため、より良い治療計画を提示できるようになる可能性があります。
研究業績
  1. Nakatsukasa K, Koyama H, Ouchi Y, Sakaguchi K, Fujita Y, Matsuda T, Kato M,Konishi E, Taguchi T. Effects of denosumab on bone mineral density in Japanese women with osteoporosis treated with aromatase inhibitors for breast cancer. J Bone Miner Metab. 2018 Mar 8.
  2. Sakaguchi K, Nakatsukasa K, Koyama H, Kato M, Sakuyama A, Matsuda T, Tsunoda N, Fujiwara I, Yamaguchi M, Tanaka H, Onishi K, Onishi M, Yoshino Y, Kikuchi T, Taguchi T. Phase II Clinical Trial of First-line Eribulin Plus Trastuzumab for Advanced or Recurrent HER2-positive Breast Cancer. Anticancer Res. 2018 Jul;38(7):4073-4081.
  3. Nakatsukasa K, Koyama H, Ouchi Y, Sakaguchi K, Fujita Y, Matsuda T, Kato M, Konishi E, Taguchi T. Effect of denosumab on bone mineral density in Japanese women with osteopenia treated with aromatase inhibitors for breast cancer: subgroup analyses of a Phase II study. Ther Clin Risk Manag. 2018 Jul 10;14:1213-1218.
  4. Nakatsukasa K, Koyama H, Ouchi Y, Ono H, Sakaguchi K, Matsuda T, Kato M, Ishikawa T, Yamada K, Yoshimura M, Koizumi K, Sakurai T, Shigematsu H, Takahashi S, Taira S, Suzuki M, Narui K, Niikura N, Hasegawa Y, Miura D, Konishi E, Taguchi T; Collaborative Study Group of Scientific Research of the Japanese Breast Cancer Society. Effect of denosumab on low bone mineral density in postmenopausal Japanese women receiving adjuvant aromatase inhibitors for non-metastatic breast
    cancer: 24-month results. Breast Cancer. 2018 Jul 27.
  5. Nakatsukasa K, Ouchi Y, Sakaguchi K, Goto M, Konishi E, Taguchi T. Dynamic Contrast-enhanced Magnetic Resonance Imaging for Patients with Breast Cancer Receiving First-line Bevacizumab and Paclitaxel. Anticancer Res. 2018 Sep;38(9):5459-5463.
問い合わせ先
TEL:075-251-5534
FAX:075-251-0270
e-mail:breast@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093