テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

消化器外科学/外科学教室(消化器外科学部門)

消化器外科学HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/dgstv-surg/

大学院科目名 消化器外科学
医学部教室名
外科学教室(消化器外科学部門)
スタッフ
 教授  大辻 英吾
 
准教授    落合 登志哉 (附属北部医療センター)
准教授    藤原 斉(薬物応用腫瘍外科学講座)
准教授(兼) 岡本 和真(中央手術部)
准教授    中西 正芳
講師     窪田 健
講師     當麻 敦史(附属北部医療センター)
講師     生駒 久視
講師     栗生 宜明
講師(学内) 塩﨑 敦
助教(兼)  木村 彰夫(集中治療部)
助教     村山 康利
助教     森村 玲
助教     小西 博貴
助教     小菅 敏幸
助教     有田 智洋
助教     竹本 健一(附属北部医療センター)
助教     原田 恭一(附属北部医療センター)
 
客員教授   市川 大輔
 
特任教授   阪倉 長平
特任講師   小松 周平
研究内容
消化器癌治療における機能温存、低侵襲手術、集学的治療を研究しています。また、消化器癌の再発・転移の早期診断法の研究、オーダーメイド治療を目指した研究を行っています。
  1. 胃癌に対する機能温存手術
  2. 血漿中の遊離micro RNAを指標とした食道癌、胃癌、膵癌、GIST、IPMNの次世代型診断マーカーの開発
  3. 肝胆膵領域における腹腔鏡下手術のための新規デバイスの開発
  4. 大腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのXELOX療法再発予測因子の探索的研究《KPUM-DS-C03》
  5. 消化管癌に対するロボット支援手術の有用性と安全性の検討
  6. 食道癌に対する鏡視下根治的非開胸食道切除術の開発 
  7. 食道癌・胃癌増殖制御機構解析・バイオマーカー研究
  8. 低浸透圧刺激の癌細胞に対する殺細胞効果とイオン輸送体制御によるその増強効果
  9. 切除不能な進行・再発大腸癌に対する2 次治療としてのXELIRI with/without Bevacizumab療法とFOLFIRI with/without Bevacizumab 療法の国際共同第III 相ランダム化比較試験(全国共同研究)
  10. 肛門近傍の下部直腸癌に対する腹腔鏡下手術の前向き第II相試験(全国共同研究)
  11. 癌の蛍光診断と光治療
研究業績
  1. Feasibility and Nutritional Benefits of Laparoscopic Proximal Gastrectomy for Early Gastric Cancer in the Upper Stomach.
    Kosuga T, Ichikawa D, Komatsu S, Okamoto K, Konishi H, Shiozaki A, Fujiwara H, Otsuji E.
    Ann Surg Oncol. 2015 Dec;22 Suppl 3:S929-35. doi: 10.1245/
    s10434-015-4590-4.
  2. A new approach to laparoscopic lymph node excision in cases of transverse colon cancer. Nakanishi M, Kokuba Y, Murayama Y, Komatsu S, Shiozaki A, Kuriu Y, Ikoma H, Ichikawa D, Fujiwara H, Okamoto K, Ochiai T, Otsuji E. Digestion. 2012;85(2):121-5. doi: 10.1159/000334683. Epub 2012 Jan 19.
  3. Novel diagnostic value of circulating miR-18a in plasma of patients with pancreatic cancer.Morimura R, Komatsu S, Ichikawa D, Takeshita H, Tsujiura M, Nagata H, Konishi H, Shiozaki A, Ikoma H, Okamoto K, Ochiai T, Taniguchi H, Otsuji E. Br J Cancer. 2011;105(11):1733-40.
  4. Perioperative outcomes of single-port mediastinoscope-assisted transhiatal esophagectomy for thoracic esophageal cancer.
    Fujiwara H, Shinozaki A, Konishi H, Kosuga T, Komatsu S, Ichikawa D, Okamoto K, Otsuji E.
    Dis Esophagus. 2017 Oct 1;30(10):1-8. doi:10.1093/dote/dox047.
  5. Esophageal cancer stem cells are suppressed by tranilast, a TRPV2 channel inhibitor. Shiozaki A, Kudou M, Ichikawa D, Fujiwara H, Shimizu H, Ishimoto T, Arita T, Kosuga T, Konishi H, Komatsu S, Okamoto K, Marunaka Y, Otsuji E. J Gastroenterol.2018;53:197-207.
  6. Plasma level of metastasis-associated lung adenocarcinoma transcript 1 is associated with liver damage and predicts development of hepatocellular carcinoma. Konishi H, Ichikawa D,  Arita T, Shoda K, Komatsu S, Shinozaki A, Ikona H, Ochiai T, Otsuji E. Cancer Sci. 2016;107(2):149-54. doi:10.1111/cas.12854.
  7. Precise detection of lymph node metastases in mouse rectal cancer by using 5-aminolevulinic acid.
    Murayama Y, Harada Y, Imaizumi K, Dai P, Nakano K, Okamoto K, Otsuji E, Takamatsu T.
    Int J Cancer. 2009 Nov 15;125(10):2256-63. doi: 10.1002/ijc.24707.
問い合わせ先 TEL:075-251-5527
FAX:075-251-5522
e-mail:kazuma@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/dgstv-surg/

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-251-7093