地域保健医療疫学/保健・予防医学教室(公衆保健科学部門)

地域保健医療疫学HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/epid/index.html

大学院科目名
地域保健医療疫学
医学部教室名
保健・予防医学教室(公衆保健科学部門)
(附属脳・血管系老化研究センター社会医学・人文科学部門)
スタッフ
教授  渡邊 能行
 
 
准教授      栗山 長門
学内講師(併任) 廣畑 弘(京都府南丹保健所長)
助教       尾﨑 悦子
助教       松井 大輔
助教(併任)   渡邉 功(京都府南丹保健所医務主幹)
助教       小山 晃英
研究内容 人間集団を対象として調査を行う疫学研究の手法を用いて、がん、循環器疾患や認知症等の生活習慣病、さらには感染症の発生要因を明らかにする疫学研究、高齢者の社会医学的課題に対する包括的研究、地域保健活動に関する社会医学的研究等をテーマに研究を行なっている。個別的には、1988-90年に設定した生活習慣病をエンドポイントとする全国共同コホート研究JACC study、現在立ち上げ中の生活習慣病をエンドポイントとした遺伝子要因を含む全国共同コホート研究J-MICC study、禁煙活動の評価研究、インフルエンザワクチンの有効性に関する研究、がん検診の有効性に関する研究、セーフコミュニティに関する研究、災害・健康危機管理に関する研究等を展開している。
研究業績
  1. Watanabe Y, Ozasa K et al: Helicobacter pylori Infection and Gastric Cancer: A Nested Case-Control Study in a Rural Area of Japan. Digest Dis Sci、42、1383-1387、1997
  2. Ozasa K, Watanabe Y, et al: Serum phytoestrogens and prostate cancer risk in a nested case-control study among Japanese men. Cancer Science, 95 (1)、65-71、2004
  3. Umesawa M, Watanabe Y, et al:  Dietary intake of calcium in relation to mortality from cardiovascular disease - The JACC Study. Stroke、37、20-26、2006
  4. Mitani S, et al : Impact of post-traumatic stress disorder and job-related stress on burnout: a study of fire service workers. J Emerg Med、 31(1)、7-11、2006
  5. 繁田正子: 地域・医療・行政が連携して進めるタバコフリー. 月刊地域保健、39(4)、 36-45、2008 6.Kuriyama N, Watanabe Y, et al: TGF-beta1 is associated with the progression of intracranial deep white matter lesions: a pilot study with 5 years of magnetic resonance imaging follow-up. Neurological Research、2013
問い合わせ先

TEL:075-251-5789
FAX:075-241-5799
e-mail:syakaii@koto.kpu-m.ac.jp

教室独自のHP

 http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/epid/index.html

COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.