テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

地域保健医療疫学/保健・予防医学教室(公衆保健科学部門)

地域保健医療疫学HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/epid/index.html

大学院科目名
地域保健医療疫学
医学部教室名
保健・予防医学教室(公衆保健科学部門)
(附属脳・血管系老化研究センター社会医学・人文科学部門)
スタッフ
教授 上原 里程 
 
 准教授       栗山 長門
学内講師(併任) 廣畑 弘(京都府南丹保健所長)
助教       尾﨑 悦子
助教       松井 大輔
助教(併任)   渡邉 功(京都府南丹保健所医務主幹)
助教       小山 晃英
研究内容
 疫学の定義として、「明確に規定された人間集団の中で出現する健康関連のいろいろな事象の頻度と分布およびそれらに影響を与える要因を明らかにして、健康関連の諸問題に対する有効な対策樹立に役立てるための科学」というものがある。我々は、この疫学の手法を用いて、地域における健康課題の解決に資するエビデンスを提供することを目標に研究を進めている。
 具体的には次のような研究課題に力を入れている。
〇 地域保健、特に母子保健(21世紀の母子保健の主要な取り組みを示すビジョンである「健やか親子21」)に関連した疫学研究
〇 生活習慣病をエンドポイントとした遺伝子要因を含む日本多施設共同コーホート研究(J-MICC study)と、それに付随した認知症、骨粗鬆症、動脈硬化、歯科口腔疾患などと血清マーカー等との関連を明らかにする疫学研究
〇 京都府の健康関連データの疫学的な分析
 今後は研究成果を国内外に発信するにとどまらず、地域に還元できるような取り組みにも力を入れていきたい。
研究業績
  1.  Uehara R, Shinohara R, Akiyama Y, Ichikawa K, Ojima T, Matsuura K, Yamazaki Y, Yamagata Z. Awareness of cardiopulmonary resuscitation among parents with a 3-year-old child. Pediatr Int. 2018; 60:869-874.
  2.  Kuriyama N, Ihara M, Mizuno T, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Koyama T, Kondo M, Tokuda T, Tamura A, Yamada K, Akazawa K, Takeda K, Takada A, Mizuno S, Nakagawa M, Watanabe Y. Association between mid-regional proadrenomedullin levels and progression of deep white matter lesions in the brain accompanying cognitive decline. J Alzheimers Dis. 2017;56:1253-1262.
  3. Ozaki E, Yamada S, Kuriyama N, Matsui D, Watanabe I, Koyama T, Imanishi Y, Inaba M, Watanabe Y. Association of BAP with urinary albumin excretion in postmenopausal, but not premenopausal, non-CKD Japanese women. Sci Rep. 2018;8:82.
  4.  Matsui D, Yamamoto T, Nishigaki M, Miyatani F, Watanabe I, Koyama T, Ozaki E, Kuriyama N, Kanamura N, Watanabe Y. Validity of self-reported number of teeth and oral health variables. BMC Oral Health. 2016; 17:17.
  5.  Koyama T, Kuriyama N, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Takeshita W, Iwai K, Watanabe Y, Nakatochi M, Shimanoe C, Tanaka K, Oze I, Ito H, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Takashima N, Kadota A, Kawai S, Sasakabe T, Okada R, Hishida A, Naito M, Kuriki K, Endoh K, Furusyo N, Ikezaki H, Suzuki S, Hosono A, Mikami H, Nakamura Y, Kubo M, Wakai K. Genetic Variants of RAMP2 and CLR are Associated with Stroke. J Atheroscler Thromb. 2017;24:1267-1281.
  6.  Oral Cnm-positive Streptococcus Mutans Expressing Collagen Binding Activity is a Risk Factor for Cerebral Microbleeds and Cognitive Impairment.
    Watanabe I, Kuriyama N, Miyatani F, Nomura R, Naka S, Nakano K, Ihara M, Iwai K, Matsui D, Ozaki E, Koyama T, Nishigaki M, Yamamoto T, Tamura A, Mizuno T, Akazawa K, Takada A, Takeda K, Yamada K, Nakagawa M, Tanaka T, Kanamura N, Friedland RP, Watanabe Y.
    Sci Rep. 2016 Dec 9;6:38561. doi: 10.1038/srep38561.
問い合わせ先

TEL:075-251-5789
FAX:075-241-5799
e-mail:syakaii@koto.kpu-m.ac.jp

教室独自のHP

 http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/epid/index.html

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-251-7093