がん診療について

  1. トップ
  2. がん診療について
  3. 化学療法
  4. 化学療法部の概要

化学療法

化学療法部の概要

化学療法部では、主に外来化学療法センターの運営を行っており、点滴中の患者さんの状態、投与される薬剤の量や内容の管理を行っております。外来化学療法センターは、平成16年10月19日に開設され、現在22床(小児用1床を含む)で患者さんの治療を行っています。各診療科における化学療法(抗がん剤やホルモン剤など)や特殊な管理を必要とする点滴がより安全で確実に行えるようがん治療のエキスパートによる徹底した管理を行い、専用のリクライニングシートやベッドを用いて快適に過ごしていただけるように配慮しております。

構成員紹介

部長 田口 哲也(内分泌・乳腺外科診療部長、内分泌・乳腺外科学教室教授)

京都府立医科大学附属病院は、平成18年、都道府県がん診療連携拠点病院の指定を受け、京都府のがん診療を担う中核病院として、外来科学療法センター・がん征圧センターが整備されました。
平成27年度より、再度化学療法部部長に就任いたしました。入院、外来で行うすべてのがんの化学療法のプロトコールの妥当性、安全性の評価も含め、化学療法の全体を担当しております。外来化学療法の患者さんはますます増加しております。患者さんができるだけ気持ちよく、安心・安全な化学療法を受けていただけるよう、京都府のがん診療の拠点にふさわしい外来化学療法センターになるように努めてまいります。  

副部長 金沢元洪(泌尿器科医員・泌尿器外科学学内講師)

平成21年5月より化学療法部の専任となりました。元来は泌尿器科医(がん治療認定医を取得)で、おもに精巣がんや尿路上皮がんの化学療法を担当しており、現在も泌尿器科の外来および入院患者さんの化学療法も担当しております。化学療法センターでは、患者さんが、安全にかつ快適に治療が受けられるように、各診療科の先生方と連携をとって、化学療法部の運営・発展に努めてまいりたいと思います。

専属医師 吉田直久(消化器内科医員・がんプロフェッショナル養成センター特任講師)

私は、もともと消化器内科が専門ですが、平成20年にがん薬物療法専門医の資格を取得し、現在がん医療全般に携わる本センターに週2回勤務しています.患者さんの点滴中の状態管理だけでなく主治医の先生との連携を密に行うことでより快適な外来化学療法を行えるようがんばりたいと思います。

専任看護師 越智幾世(がん化学療法看護認定看護師), 松田清美

近年、外来で抗がん剤治療を受ける患者様が増えています。抗がん剤はがん細胞を殺すという利点がありますが、他方で一部の正常な細胞も壊してしまいどうしても副作用というものを避けて通れません。ご病気や抗がん剤治療、抗がん剤の副作用など患者さんの心配事や疑問に対応していけるよう、私たちは日々コミュニケーションを大切にし、知識や情報を提供していきます。安心して患者さんが治療を受けられるようスタッフ一同力を合わせてがんばっています。

専任薬剤師 塚本茂, 井原憲彦

2名の薬剤師がセンター併設の薬剤調整室に常駐し、クラスIIの安全キャビネット内で抗がん剤を含めたすべての注射薬を無菌的に調整しています。また、患者様ごとの薬歴を作成し、投与量・投与間隔の確認などのスケジュール管理を行うと共に、各診療科から提出されたレジメンについて、薬剤の投与量、点滴順序、投与速度、配合変化、安定性などを検討しレジメンの作成に寄与し患者様が安全かつ適正な外来化学療法を受けていただけるように努めています。