理事長ごあいさつ

  • HOME >
  • 理事長ごあいさつ

長尾真理事長からのメッセージ

 
理事長 長尾 真
 
 京都府公立大学法人は、平成20年4月に設立され、それまで京都府が直接所管していた京都府立医科大学と京都府立大学を運営しています。両大学は、それぞれ設立から百数十年の歴史と伝統を持ち、京都府民に支えられ、地域に根ざした大学として発展を続けてきました。
 一方で今、我が国を取り巻く環境は、少子・高齢化、情報化の進展、地球環境の悪化、グローバル化と地域の衰退など急激に変化しており、大学には産学公連携の推進、18歳人口減少への対応、国際競争力のある大学改革並びに地域貢献などが求められています。もとより、大学の使命は、教育、研究、その成果を生かした社会貢献であり、卓越した教育研究の推進とともに、府民や社会の要請に応えていくことは、大学の重要な責務であります。また、大学こそが将来を予見し、社会をリードしていかなければなりません。
 京都府公立大学法人においては、両大学の個性を活かしながら、京都府における知の拠点として質の高い教育と最先端の研究を行うことにより、地域社会や国際的に活躍できる人材を育成しています。地域創生の拠点として京都文化の発信、政策の提言や科学・産業の振興並びに「世界トップレベルの医学を府民の医療へ」という理念のもと府民の健康増進・福祉向上を図ることを通じて、京都府並びに国内外の発展に寄与していきたいと考えております。また、多くの学生が入学を希望し、母校を誇りに思える大学にしたいと思います。
 これまで、1法人2大学として大学運営が進められてきましたが、1+1を2+αの力にして更なる飛躍を期したいと思います。大学法人において経営の基本や大学の進むべき方向について大所高所に立って判断するとともに、交流と連携を促し総合大学的なメリットも生み出していきます。既に、両大学による共同研究も行われるようになり、京都工芸繊維大学を含む3大学による教養教育共同化など具体的な成果も出ています。両大学の学長をはじめ教職員や学生の皆さんの声もよく聞いて、透明性の高い運営を進めていきたいと考えています。
 今後とも、両大学が府民の皆さんから親しまれ、地域や社会の役に立つ未来志向の開かれた大学として発展できるよう、これまでの経験を活かして、経営や運営に努めてまいりますので、皆様方のますますの御支援と御理解をいただくようよろしくお願いいたします。
 
平成28年4月
理事長 長尾 真