テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

【論文掲載】病院外で心停止した小児に対するアドレナリン投与の効果検証~救急隊員が行う高度な救命処置の重要性~

【概要】
京都府立医科大学大学院医学研究科の松山匡 助教(救急・災害医療システム学)と大阪大学大学院医学系研究科の小向翔 助教(医学統計学)、北村哲久 助教(環境医学)らの研究グループは、小児の院外心停止患者に対する救急隊によるアドレナリン投与の効果を、新しい解析手法である「時間依存傾向スコア連続マッチング解析法※1」を用いて評価し、救急隊到着時の1次救命処置により自己心拍が再開しなかった心停止患者のうち、アドレナリン投与を行うことが心停止後の自己心拍再開の改善に関連することを示しました。
これまでにも成人の心停止患者に対するアドレナリン投与の効果を評価する多くの研究がありましたが、17歳以下の小児の心停止患者に対するアドレナリン投与の効果を検証する研究はほとんどありませんでした。新しい解析手法を導入することで、救急隊によるアドレナリン投与の実施が心停止後の自己心拍再開の改善と関連することを明らかにし、病院前救護における救急隊の処置の重要性を示しました。今後、本研究結果が国際心肺蘇生ガイドラインの改訂に影響を与えるものと期待されます。
本研究成果は、2020年1月14日に米国心臓病学会雑誌「Journal of the American College Cardiology」(オンライン)に掲載されました。
 
【研究のポイント】
◆総務省消防庁の全国院外心停止患者登録データを用いて、これまで十分に評価されていなかった、17歳以下の小児の院外心停止患者に対する救急隊によるアドレナリン投与の効果を検証した。
◆救急隊到着時の1次救命処置により自己心拍が再開しなかった心停止患者のうち、アドレナリン投与をした群のほうが、アドレナリン投与をしなかった群と比較して、病院前での自己心拍再開率が良好であることを示した。
◆小児の院外心停止患者に対する救急隊による救命処置の重要性を明らかにする本研究は、院外心停止患者の蘇生率向上のためのエビデンスとして、国際心肺蘇生ガイドラインの改定にも大きな影響を与えると期待される。
 
【論文名】
“Pre-hospital administration of epinephrine in pediatric patients with out-of-hospital cardiac arrest”
 
【掲載雑誌】
 本研究成果は、2020年1月14日に米国心臓病学会雑誌「Journal of the American College Cardiology」(オンライン)に掲載されました。
【研究者情報】
 京都府立医科大学大学院医学研究科 救急・災害医療システム学 松山匡
大阪大学大学院医学系研究科 情報統合医学講座 医学統計学 小向翔
ピッツバーグ大学 集中治療学講座 井澤純一
 沖縄県立中部病院 救命救急センター 宜保光一郎
ピッツバーグ大学 救急医学講座 大久保雅史
大妻女子大学 家政学部食物学科 清原康介
 京都大学 環境安全保健機構 健康管理部門/附属健康科学センター 木口雄之
京都大学 環境安全保健機構 健康管理部門/附属健康科学センター 石見拓
 京都府立医科大学大学院医学研究科 救急・災害医療システム学 太田凡
大阪大学大学院医学系研究科 社会医学講座 環境医学 北村哲久

 
プレスリリース資料はこちら
 
 
 

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093