テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

【論文掲載】レーザー光内視鏡がピロリ菌除菌後の胃がんリスクを明らかにする

~Linked color imagingによる除菌後胃がんリスク評価に関する論文掲載について~

 京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学研修員 間嶋淳、助教 土肥統、准教授 内藤裕二、教授 伊藤義人らの研究グループは、レーザー光による画像強調内視鏡観察(Linked color imaging)がピロリ菌除菌後に発見される胃がんのリスク評価に有用であることを明らかにし、本件に関する論文が、科学雑誌『Gastrointestinal Endoscopy』の2019年11月号に掲載されましたのでお知らせします。
 現在、本邦において胃がんは罹患数が2番目に多いがんです。多くの胃がんの原因はピロリ菌であり、胃がん予防のためにピロリ菌の除菌が有効であることがわかっています。しかし、ピロリ除菌後にも胃がんが発症すること(除菌後胃がん)がしばしばあり、除菌後胃がんによる死亡を減少させるためには、そういった胃がんの発症リスクが高い人を明らかにする必要があります。
 
 これまでもピロリ除菌後の胃がんのリスクとなる内視鏡所見の報告はありましたが、今回新たに地図状発赤がリスクであることがわかりました。さらに地図状発赤についてはLCIを用いる方が見やすく、これまで通りの観察では胃がんのリスクを過少評価してしまう可能性が示唆されました。
 本研究成果により、LCIを用いた胃がんリスクの正確な評価が日本だけでなく世界に広がり、最終的にそのことがより多くの胃がんの早期発見・治療につながることが期待されます。
【論文名】
Linked color imaging identifies important risk factors associated with gastric cancer after successful Helicobacter pylori eradication
(LCIによるピロリ除菌後胃がんのリスク評価)
【掲載雑誌】
Gastrointestinal Endoscopy (オンライン閲覧: https://doi.org/10.1016/j.gie.2019.06.043
【著者】
代表著者 
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 研修員 間嶋 淳
共同著者 
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 土肥 統
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 高山 峻
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 廣瀬亮平
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 井上 健
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 吉田直久
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 鎌田和浩
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 内山和彦
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 石川 剛
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 髙木智久
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 半田 修
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 小西英幸
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 内藤裕二
京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 伊藤義人
プレスリリース資料はこちら

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093