テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

【論文掲載】レーザー光内視鏡で胃がんの発見率が向上することを証明

京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学助教 土肥統、准教授 内藤裕二、教授 伊藤義人らの共同研究グループは、レーザー光による画像強調内視鏡観察(BLI-bright)を用いることで早期胃癌の発見率を向上させることを明らかにし、本件に関する論文が、科学雑誌『Gastrointestinal Endoscopy』に2019年1月号で掲載されましたのでお知らせします。
本研究は、本邦においてがんの罹患数が2番目に多い胃がんを対象に、早期発見するために必要不可欠である内視鏡検査において従来の白色光による観察と比較し、レーザー光内視鏡の画像強調観察であるBLI-brightを用いることにより、胃癌の発見率が向上することを証明しました。本研究グループはこれまでにも、白色光と比較しレーザー光内視鏡の画像強調観察(BLI)が胃がんの組織診断能においても優れていることも報告しており、本研究成果により胃がんの見逃しを減らし、より多くの胃がんを早期に発見・診断することで胃がんによる死亡を減少させることが期待されます。
【論文名】
Blue laser imaging-bright improves the real-time detection rate of early gastric cancer: a randomized controlled study.(BLI-brightは早期胃癌のリアルタイムでの発見率を向上させる:ランダム化比較試験)
【掲載雑誌】
Gastrointestinal Endoscopy(2019年1月号掲載)
オンライン閲覧:https://www.sciencedirect.com/journal/gastrointestinal-endoscopy/vol/89/issue/1
【代表・共同著者】
 京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 助教 土肥 統
 朝日大学病院 消化器内科 八木信明
 京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 教授 伊藤 義人
 京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 准教授 内藤裕二
 京都府立医科大学附属北部医療センター 消化器内科 助教 福居顕文
 
 
報道発表資料はこちら

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093