【論文掲載】糖尿病による腎臓病の進行を予防する新たな機序の解明

 
 京都府立医科大学大学院医学研究科 腎臓内科学 亀﨑通嗣医員、草場哲郎学内講師、および循環器内科、糖尿病内科の共同研究グループは、近年臨床で用いられるようになった糖尿病治療薬であるSGLT2阻害薬(イプラグリフロジン)が腎臓を保護する作用を有することを確認し、そのメカニズムについて解明しました。本研究に関する論文が平成30年3月5日(月)に科学雑誌『Scientific Reports』誌に掲載されましたのでお知らせします。
 全世界で糖尿病の患者は増加しており、その合併症である糖尿病性腎症は透析導入原疾患の第1位を占めています。しかし、糖尿病性腎症による慢性腎不全の進展を防ぐ治療法は乏しく、効果的な治療法の開発が望まれます。
 今回の研究成果により、SGLT2阻害薬(イプラグリフロジン)には糖尿病性腎症に対して血糖値を下げる効果だけではない腎臓を保護する作用(特に腎臓の中の酸素不足を改善する作用)があることが分かりました。今後は同薬の投与により、糖尿病性腎症による透析患者の数の減少が期待されます。
 
【研究グループ】
 京都府立医科大学大学院医学研究科 腎臓内科学 医員   亀﨑 通嗣
                        学内講師 草場 哲郎
                        講師   玉垣 圭一
 同 内分泌・代謝内科学            講師   山﨑 真裕
                        教授   福井 道明
 同 循環器内科学               教授   的場 聖明
 
【提出雑誌】
 科学雑誌Scientific Reports [2018年3月5日(月)英国時間10時オンライン掲載]
 
報道発表資料はこちら
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.