長寿の秘訣はどこに?京丹後市で大規模疫学調査スタート

長寿の秘訣はどこに?京丹後市で大規模疫学調査スタート
 
 
 京都府立医科大学では、平成27年12月に京丹後市と共同研究講座「長寿・地域疫学講座」を設置し、長寿者人口が全国平均の約2.8倍の地域である同市域において長寿の秘訣を探る研究を展開しているところです。
(ホームページ:http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/longlife/
この度、本学医学倫理審査委員会の承認を経て、「京丹後長寿コホート研究」が始まります。この研究では、国立大学法人 弘前大学(青森県弘前市)が中核機関として取り組むCOIプログラム*と連携し、同大学が実施する青森県岩木健康増進プロジェクトが有する2000項目の健康ビッグデータとの比較検証を実施します。
長寿地域(京都府丹後地域)と平均寿命が最も短い地域(青森県岩木地区)を比較する世界初の試みであり、長寿の秘訣を探るとともに、人類共通の課題である「健康な高齢化社会のあり方」を追求してきます。
 
報道発表資料はこちら
 
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.