テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

令和3年度卒業式 式辞

学長式辞 令和3年度卒業式

 
 本日、ここに京都府立医科大学医学部医学科並びに看護学科の学部課程を修了し、卒業の晴れの日を迎えられた皆さん、おめでとうございます。
 また、大学院医学研究科博士課程、同修士課程及び保健看護学研究科博士課程、同修士課程を、終了され、博士・修士の学位を取得される皆さんも、本当におめでとうございます。
 新型コロナウイルス感染症の蔓延で、昨年同様卒業式を極めて異例の形で主催することになりました。卒業生の皆さんを慈しみ育まれたご家族をお迎えできなかったことは残念の極みです。このような状況下でも本日ご臨席頂きご祝辞を賜りました、西脇京都府知事様、田中京都府議会議長様に、教職員並びに卒業生を代表して厚く御礼申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症の出現は、グローバリゼーションに潜む盲点と考えられます。ウイルスは巧みにその攻撃性を変幻させ、若年者では軽症の風邪を装い、高齢者には本態を露わにし、高い致死率の肺炎像を示しています。無症候性病原体保持者は、感染防御を潜り抜けていますが、重症な後遺症を残すことが報告されています。
 一方、医学の歴史を紐解けば感染症の克服そのものが医学発展の契機となっていることがわかります。本学150年の歩みの礎もコレラや梅毒の駆逐と関係があり、改めて、感染症の恐ろしさを我々は今体得しています。間接的な原因として地球温暖化や急速に進む自然環境の破壊も絡んでいると思いますが、結果的に現代医学や医療に備えがなかったことに気付けば、その改革の担い手は、貴方方、若い皆さんです。
 さて、皆さんが入学されたときの京都府公立大学法人の理事長で元国立国会図書館長、長尾真先生は、著書「楽天知命」において『学問と研究』に触れられ、「大学は第一義的にこれまで人間が獲得してきた知識、学問を保持しこれを次の世代に伝達していく役割を持っている。そして、それまでの時代になかった新しい事や物を創造する最重要な機関である。この二つの機能を次世代を担う若者に教育訓練して伝達するというのが第三の機能である。」と述べられています。大学として自問自答しなければなりません。
 本学はこの4月から教育センター機能を一新し、教職員協働で事務組織の改編、附属病院機能の向上を実行して参ります。正に大学としての本分を世に問う時と考えています。
長尾先生の言葉に、研究について『分からないことを認めること』と言う大変simpleな表現があります。本日、旅立つ皆さんにこの言葉を贈ります。
 結びに当たりまして、皆さんのこれからの活躍を心より祈念し私の式辞といたします。
 
令和3年3月6日
京都府立医科大学 学長 竹中 洋

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-211-7093