センター紹介

ルート > センター紹介 > 看護師育成プラン概要

看護師育成プラン概要

循環型教育システムによる看護師育成プラン概要

京都府立医科大学は、平成21年度文部科学省大学改革推進事業「看護職キャリアシステム構築プラン」(平成22年度より「看護師の人材養成システムの確立」へ名称変更)に採択され「循環型教育システムによる看護師育成プラン」をスタートさせました。
本プランは、安心安全の医療の提供への寄与を目的とし、看護学生および看護職員の臨床能力の継続的な向上のためのプログラム開発と、生涯にわたるキャリア支援システムの構築をめざしています。
そのために、看護実践キャリア開発センターを設置し、病院(看護部)と大学(看護学科)が協働する他、他施設他大学や外部有識者とも連携を図りながら、「キャリアパス構築」「教育プログラム開発」「スキルスラボ活用」「調査・データ管理」「交流」の5つのプロジェクトを推進しています。

キャリアパス構築プロジェクト
人材育成・能力開発・処遇・人材活用等を含めたキャリアパスの構築、個人の能力開発のためのシステムの整備、キャリア教育・支援を行い組織の充実・発展及び医療へ貢献します。
教育プログラム開発プロジェクト
『一人前育成』『中堅達人キャリアアップ』『教育インストラクター育成』『復帰支援』の教育プログラムを開発しています。
交流プロジェクト
看護部と看護学科の相互理解を深め、両組織の活性化と人材の育成を図ること、将来的には本学と京都府内・外の看護師間との人事交流を促進することを目指しています。
スキルスラボ活用プロジェクト
看護師及び看護学生の看護実践力の育成と向上を図るため、知識と技術を統合する体験型の学習や、より臨床に近い状況でのシミュレーション演習を行う場として活用できるスキルスラボの環境を整備し運用します。
調査・データ管理プロジェクト
「循環型教育システムによる看護師育成プラン」の特徴を踏まえ、受講者の研修満足度、看護臨床能力、看護師長の現状の認識などの調査と各プログラム評価を通して総合的にプランの評価を行います。

センター紹介