教育プログラム

ルート > 教育プログラム > 「職業実践力育成プログラム」文部科学省BPに採択されました

「職業実践力育成プログラム」文部科学省BPに採択されました

 

 緩和ケアを推進する

               看護師養成プログラム    

 
                                                     
 

  A.緩和ケア実践看護師養成コース

 

  B.在宅緩和ケア推進看護師養成コース  

 

  C.緩和ケアチームリーダー看護師養成コース    概要

 
 京都府立医科大学看護実践キャリア開発センターでは、がんと診断された時から、患者の療養場所に関わらず、質の高い緩和ケアが実践できかつ緩和ケアの教育を行う看護師を育成し、がん治療における緩和ケアの充実、終末期医療における緩和ケアの充実を行うことにより、各地域で暮らすがん患者・家族のQOL(Quality of Life)・QOD(Quality of Death)の向上を図ることを目的とし、当プログラムを開設しました。
 
 当プログラムは、本学看護学科教員や附属病院の認定・専門看護師によるがん看護・緩和ケアに関する系統立てた講義や演習、附属病院緩和ケア病棟・外来化学療法センターや提携訪問看護ステーションでの実習、自部署の組織分析後の課題解決への取り組み、実践報告会等で構成し、療養の時期や場所に関わらず質の高い緩和ケアを提供できるように、心身の苦痛を持つ患者の個別のニーズを把握し、基本的な緩和ケアを実践しそして専門的緩和ケアへとつないでいくことのできる人材、更にチームビルディング能力、リーダーシップ能力の向上を図り、質の高い緩和ケアの推進を行うことができる人材の育成を目指しています。
 
 
 
  Aコース: AコースBPへの申請について  Aコース授業科目の概要
 
 
  Bコース: BコースBPへの申請について  Bコース授業科目の概要
 
  
  Cコース: CコースBPへの申請について  Cコース授業科目の概要
 
 
 
 
 【お問合せ先】
 京都府立医科大学 
 看護実践キャリア開発センター
 TEL 075-212-5422

教育プログラム