小児疾患研究施設

小児疾患研究施設(愛称:京都府こども病院)

目的・概要

 当施設は1979年の国際児童年を記念し、小児期特有の重篤な疾患の教育、研究、診療を行う研究施設として、1982年(昭和57年)に開設されました。

 当施設は3つの部門からなり、内科部門は小児循環器疾患、川崎病と腎臓疾患、外科第一部門では先天奇形と固形腫瘍、外科第二部門では小児心臓外科領域で活発な研究活動に取り組み、京都府民に最新の医療を提供すると同時に、近畿圏はもちろんのこと日本全国、また、しばしば国外からの患者も受け入れ、診療、教育に従事しています。

 

施設の概要

構造規模 鉄骨鉄筋コンクリート造、地上6階地下1階
面  積 建築面積 803.55m2 延床面積 3,706.91m2
部  門
(診療科)
内科部門(小児内科)、循環器系疾患、川崎病、腎臓疾患 等
外科第一部門(小児外科) 先天性消化器・肺奇形、固形腫瘍 等
外科第二部門(小児心臓血管外科) 循環器系疾患
病  棟 こども4号 24床(小児外科、小児心臓血管外科) 計55床
こども5号 6床(ICU、NICU)
こども6号 25床(小児内科、小児科)
 

施設長

三木 恒治 (京都府立医科大学附属病院長)
 

診療状況

1.入院患者数(単位:人)

年 度 小児内科 小児外科 小児心臓
血管外科
集中治療 小児科 合計
13年度 4,335
(11.9)
5,964
(16.3)
1,259
(3.4)
1,984
(5.4)
4,054
(11.1)
17,596
(48,2)
14年度 4,194
(11.5)
6,128
(16.8)
1,582
(4.3)
1,998
(5.5)
3,797
(10.4)
17,699
(48,5)
15年度 4,358
(11.9)
5,702
(15.6)
1,518
(4.1)
2,037
(5.6)
3,970
(10.8)
1,7585
(48.0)
16年度 4,168
(11.4)
6,472
(17.7)
1,441
(3.9)
2,105
(5.8)
3,586
(9.8)
17,772
(48.7)
17年度 4,538
(12.4)
5,417
(14.8)
1,381
(3.8)
1,816
(5.0)
2,787
(7.6)
15,939
(43.7)
 ※( )内数字は1日平均の患者数を示しています
 

2.外来患者数(単位:日、人)

年 度

診療日数 小児内科 小児外科 小児心臓
血管外科
合 計
13年度 245 6,216
(25.4)
3,425
(14.0)
743
(3.0)
10,384
(42.4)
14年度 245 5,712
(23.3)
2,982
(12.2)
993
(4.1)
9,687
(39.5)
15年度 246 6,112
(24.8)
3,253
(13.2)
1,269
(5.2)
10,634
(43.2)
16年度 243 6,022
(24.8)
3,247
(13.4)
1,183
(4.9)
10,452
(43.0)
17年度 244 6,218
(25.5)
2,892
(11.9)
1,015
(4.2)
10,125
(41.5)
 ※( )内数字は1日平均の患者数を示しています
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.