テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

【論文掲載】肺がんの治療抵抗性メカニズムを解明

肺がんの治療抵抗性メカニズムを解明
~肺がん治療抵抗性の解明と診断・治療法の発見に関する論文掲載について~
 
 京都府立医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科学 講師 山田忠明、金沢大学がん進展制御研究所 教授 矢野聖二、長崎大学病院 助教 谷口寛和らの共同研究グループは、EGFR遺伝子変異陽性肺がんの治療抵抗性の機構解明とその診断・治療法を発見し、本件に関する論文が、科学雑誌『Nature Communications』に2019年1月16日(水)付けで掲載されますのでお知らせします。
 本研究は、本邦においてがんの死亡原因トップである肺がんを対象に、がん分子標的薬であるEGFR阻害薬の初期耐性や治療抵抗性に関与する原因としてAXLシグナルの活性化を見いだし、その治療抵抗性に関わる新たなメカニズムを解明しました。本研究グループはこれまで、AXL阻害薬と分子標的薬の併用で肺がん細胞をほぼ死滅させ再発を著明に遅らせることにも成功しており、本研究成果も肺がんを根治させる治療につながることが期待されます。
 
【論文名】
AXL confers intrinsic resistance to osimertinib and advances the emergence of tolerant cells
[日本語:AXLはオシメルチニブの初期治療耐性を誘導し、治療抵抗性細胞の出現を助長する]
 
【掲載雑誌】
 科学雑誌Nature communications[2019年1月16日(水)英国時間10時オンライン掲載]
 
【共同代表著者】
 京都府立医科大学 大学院医学研究科呼吸器内科学 山田忠明
 金沢大学 がん進展制御研究所腫瘍内科 矢野聖二
 
 報道発表資料はこちら

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-251-7093