【論文掲載】オートファジーレセプターSQSTM1/p62の活性化調節機構の発見

オートファジーレセプターSQSTM1/p62の活性化調節機構の発見
~HSF1ストレス応答パスウェイを介した異常タンパク質の封入体形成およびオートファジークリアランス~
 
 京都府立医科大学大学院医学研究科 基礎老化学(附属脳・血管系老化研究センター基礎老化学部門)講師 渡邊義久、生体構造科学 教授 田中 雅樹らの研究グループは、細胞内に蓄積した異常タンパク質の封入体形成及びオートファジーによるクリアランスにHSF1が関与することを発見し、本件に関する論文が『Autophagy』誌のオンライン速報版に平成28年12月7日(水)に掲載されましたのでお知らせします。
 オートファジーレセプターSQSTM1/p62はオートファジーによるタンパク質の選択的分解を担う重要な分子であります。これまでに研究グループは、パーキンソン病(PD)、レビー小体型認知症(DLB)や多系統萎縮症(MSA)の原因となるα-シヌクレイン凝集体がp62依存的なオートファジークリアランスを受けることを明らかにしてきました。本研究では、p62の活性化機構の解明を目標として解析を行い、ストレス応答のマスター制御因子であるHSF1がp62の活性化調節に関与していることを発見しました。この分子メカニズムが明らかになることで、PDやMSAを含む神経変質性疾患の発症機序の解明や新たな治療法の開発につながることが期待されます。
 
【論文名】
HSF1 stress response pathway regulates autophagy receptor SQSTM1/p62-associated
proteostasis.
(日本語:HSF1 ストレス応答パスウェイはオートファジーレセプターSQSTM1/p62 が関与
するプロテオスタシスを制御する)
 
【掲出雑誌】
 科学雑誌Autophagy
[2016年12月7日(水)オンライン掲載]
 参考URL:http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/15548627.2016.1248018
 
報道発表資料はこちら
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.