【論文掲載】抗がん剤をがん細胞だけに送り届ける小分子を開発

抗がん剤をがん細胞だけに送り届ける小分子を開発
~抗がん剤の副作用の軽減に期待~
 
 京都府立医科大学大学院医学研究科 医薬品化学 教授 鈴木 孝禎、大学院生 太田 庸介らは、がん細胞の中でのみ抗がん剤を放出することで、抗がん剤に由来する副作用を軽減する分子技術を開発しました。本研究に関する論文が2016年11月24日(木)に独科学雑誌『Angewandte Chemie International Edition』に掲載されましたのでお知らせします。
 抗がん剤を用いた化学療法はがんの有効な治療法の一つでありますが、がん細胞以外の正常な細胞にも作用し、重篤な副作用を伴うことも知られています。近年、副作用の強い抗がん剤をがん細胞に選択的に輸送するドラッグデリバリーシステム(DDS)の開発が行われています。しかし、これまでのDDSはがん選択性を示す一方で、その多くに、大きな分子サイズのため、がん細胞にうまく行き渡らないことや生産コストが高いことなどの課題が残されていました。
 今回、鈴木教授、太田 庸介大学院生らは、小分子を利用して、がん細胞のうちリシン特異的脱メチル化酵素1(LSD1)を高発現する細胞の中で選択的に第2の抗がん活性を有する薬物を放出する分子技術を開発しました。この分子技術の一例として、細胞膜を透過しやすい小分子「LSD1阻害薬フェニルシクロプロピルアミン(PCPA)」と乳がん治療薬「タモキシフェン」を含む「PCPA-タモキシフェン複合体」を作成しました。この複合体は、乳がん細胞のLSD1を強く阻害した後、タモキシフェンを放出することで、その増殖を強く抑制しました。一方で、この複合体はLSD1の発現量が少ない正常細胞には毒性を示しませんでした。
 本研究成果は、これまでのDDSが抱える体内動態がよくない点や高コストなどの問題を解決しうる小分子型DDSの開発を成功させた例です。この分子技術は抗乳がん剤以外の抗がん剤にも適用可能であり、新たなDDSとして期待されます。
 
【論文名】
Targeting Cancer with PCPA-Drug Conjugates: LSD1 Inhibition-Triggered Release of 4-Hydroxytamoxifen
[日本語:PCPA-薬物複合体によるがんの標的化:LSD1阻害を引き金とした4-ヒドロキシタモキシフェンの放出]
 
【掲出雑誌】
 科学雑誌Angewandte Chemie International Edition
[2016年11月24日(木)ドイツ時間11時オンライン掲載]

報道発表資料はこちら
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.