【論文掲載】難治性角膜疾患に対する次世代の角膜再生医療の基盤技術開発に成功

難治性角膜疾患に対する次世代の角膜再生医療の基盤技術開発に成功
~無血清・無フィーダー法による培養口腔粘膜上皮移植術に関する研究論文の掲載~
 
京都府立医科大学感覚器未来医療学(中村隆宏、木下茂)、および眼科学(横尾誠一、外園千恵)の研究グループは、難治性角膜疾患に対して世界に先駆けて再生医療学的手法を用いて開発を行った“培養口腔粘膜上皮移植術”に関して、安全性、倫理面が担保された無血清・無フィーダー法による新しい再生医療の基盤技術をさらに開発し、本件に関する論文が2016年11月14日(月)に科学雑誌『Scientific Reports』に掲載されましたのでお知らせします。
本研究成果は、難治性の角膜疾患に対して、より安全性・倫理面が担保された効果的な次世代の角膜再生医療の技術開発につながるとともに、他の疾患治療のための粘膜上皮(結膜上皮や鼻粘膜上皮等)への応用の可能性も期待されます。
 
【研究代表者】
京都府立医科大学 特任講座 感覚器未来医療学 准教授 中村隆宏
 
【論文名】
Development of functional human oral mucosal epithelial stem/progenitor cell sheets using a feeder-free and serum-free culture system for ocular surface reconstruction
[日本語:無血清・無フィーダー法を用いたヒト培養口腔粘膜上皮幹細胞シート移植術の開発]
 
【掲出雑誌】
科学雑誌Scientific Reports
[2016年11月14日(月)英国時間10時オンライン掲載]
 
報道発表資料はこちら
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.