WHO健康開発総合センターと共同研究ワーキンググループ発足

関西公立私立医科大学・医学部連合とWHO健康開発総合研究センターとの
保健医療政策共同研究ワーキンググループを発足


 
 京都府立医科大学、関西医科大学、奈良県立医科大学、大阪市立大学、和歌山県立医科大学、大阪医科大学、兵庫医科大学、近畿大学(以下、「関西公立私立医科大学・医学部連合」)とWHO健康開発総合研究センターは、質の高い医療を国民さらには世界の人々に提供することを目的に、保健医療問題、課題に対してその背景、原因及び解決策やその効果を研究する保健医療政策に共同で取り組むため、ワーキンググループを発足いたしました。
 これまでも各大学が独自に海外の大学などと共同研究を進めてきましたが、G7神戸保健大臣会合が開催されるこの機会に関西公立私立医科大学・医学部連合が共同で開始することで、スケールメリットを活かし健康長寿社会の実現に向けて、世界へ貢献していきます。

【発足日】
平成28年9月5日(月)

【目的】
質の高い医療を国民さらには世界の人々に提供するために、現在の保健医療問題や課題に対してその背景、原因及び解決策やその効果を研究する保健医療政策研究を関西公立私立医科大学・医学部連合とWHO健康開発総合研究センターが共同で推進する。

【研究分野】
・高齢社会における高性能住居、健康まちづくり
・高齢社会におけるアシスティブテクノロジー
・高齢社会における食育、オーラルケア
・高齢社会におけるビッグデータの活用

【構成メンバー】
京都府立医科大学、関西医科大学、奈良県立医科大学、大阪市立大学、和歌山県立医科大学、大阪医科大学、兵庫医科大学、近畿大学、WHO健康開発総合研究センター
 
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.