京都銀行と地域に最も近い『学』×『金』の協定の締結

 平成28年7月7日(木)に株式会社京都銀行、京都府公立大学法人及び府立両大学は、京都府知事の立ち会いのもと、地域創生に関する包括連携・協定の締結を行いました。
 
 
 本協定は京都銀行、京都府公立大学法人及び府立両大学において、各機関が持つ資源を効果的に活用することにより、産業振興、人材育成、学術振興等の幅広い分野の課題解決や地域貢献に積極的に取組み、地域創生の一層の推進に寄与するものです。
 本協定での取組みとしては、両大学の研究成果と地域とつながりの深い京都銀行のネットワークや情報の相互活用、農林漁業者と商工業者による6次産業ビジネスの開発支援、医療・バイオ関連企業との共同研究や、銀行と大学の共同研究による認知症高齢者支援など、単なる包括協定ではない産学公金連携の大きな一歩になるものです。
 また、この連携を通じて、大学生が大学で学ぶだけでなく、キャンパスを離れて地域や現場で学ぶ機会として、京都の未来を拓く人材の育成に取り組んでいく予定です。
 地域に最も近い府立2大学と銀行として連携し、今後とも文化首都・京都の地域産業の発展や豊かな暮らしの実現に向けて尽力していきたい思います。
 
プレス資料はこちら
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.