最先端がん治療研究施設等の寄附について

 
日本電産株式会社会長兼社長永守重信(ながもりしげのぶ)氏から、
最先端がん治療研究施設を府立医科大学敷地内に建設の上、京都府に寄附する旨のお申し出をいただき、
平成26年11月17日(月)に、下記2点に係る合意をし、覚書を締結しました。
 (1)施設完成後に建物及び装置を京都府にご寄付いただくこと
 (2)寄附をいただきましたうえは、京都府及び府立医科大学において、最先端のがん治療や研究のために、
  有効活用させていただくこと
 

<記者会見の様子>

  
 

<施設の名称>
 ■ 永守記念最先端がん治療研究センター 

    NAGAMORI MEMORIAL CENTER OF INNOVATIVE CANCER THERAPY AND RESEARCH
 
 

<寄附の概要>

1 寄 附 者  永守 重信氏(日本電産(株)会長兼社長)
    
2 受 入 者  京都府(山田啓二知事)
 
3 申出内容  最先端がん治療施設及び機器を現物で寄附(個人資産の寄附)
 
4 寄附施設等の概要
【建   物】  
                ・地上4階地下1階(面積 約6,500m2)  
      - 設置場所:京都市上京区 京都府立医科大学敷地内- 
 
【がん治療機器】
     ・陽子線治療装置(体に優しい非侵襲のがん治療)
     ・高精度放射線治療装置(動体追尾放射線治療)
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.