日本で発明された「がんの分子標的薬」が米国で初めて認可

本学大学院医学研究科分子標的癌予防医学 酒井教授と日本たばこ産業株式会社との間で
共同研究が実施された成果である「MEK阻害剤」(一般名:trametinib)が米国で承認されましたので、
お知らせします。
 
【プレスリリースのポイント】
 ・日本で発明された「がんの分子標的薬」として、米国で初めて認可された
 ・MEK阻害剤として、世界で初めて承認を取得した医薬品
 
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.