特別研究学生等

特別聴講(派遣)学生・特別研究(派遣)学生

<本大学院から他の大学院等へ>

名 称 定 義
特別聴講派遣学生 他の大学院との相互交流を図ることを目的とし、他の大学院授業科目の履修を志願し、他の大学院との協議が整った者。
特別研究派遣学生 他の大学院との相互交流を図ることを目的とし、他の大学院又は研究所等において研究指導を受けることを志願し、当該大学院等との協議が整った者。
 

関連規定

【特別聴講派遣学生】
大学院学則
(第14条)、大学院医学研究科博士課程授業科目履修規程(第17条)、大学院医学研究科修士課程授業科目履修規程(第15条)、特別聴講学生交流規程

【特別研究派遣学生】
大学院学則
(第15条)、大学院医学研究科博士課程授業科目履修規程(第17条)、大学院医学研究科修士課程授業科目履修規程(第15条)、特別研究学生交流規程

 

手続

窓口=学生課大学院担当(内線:5227)

希望する場合は事前に学生課大学院担当に相談し、申請書類(調書、派遣願等)をHP上で入手する。
※特別研究学生授業料の免除に係る「交流協定」が締結されていない大学院については、「交流協定」の締結に3箇月以上は要する。
1.必要書類等入手
学生課大学院担当あて必要書類を提出。
(主科目担当教授(主として履修する科目担当教授)に相談。主科目担当教授(主として履修する科目担当教授)と派遣先担当教授が協議済みであること。)
2.申請書類の提出 (履修希望期間の2箇月前、外国の大学院等の場合は3箇月前)
調書審議、承認
3.大学院医学研究科教育委員会
↓約一ヶ月
調書審議、承認
4.大学院医学研究科教授会議
当該大学院生あてに許可
5.派遣先あてに受け入れ依頼・承認
 
6.派遣
 
7.研究等
速やかに、研究報告を学生課大学院担当に提出
派遣期間を変更する場合も少なくとも2箇月前までに学生課大学院担当に届けること。
8.終了

 

<他の大学院等から本大学院へ>

名 称 定 義
特別聴講学生 他の大学院との相互交流を図ることを目的とし、他の大学院の学生で本大学院の授業科目の履修を志願し、本大学院との協議が整った者
特別研究学生 他の大学院との相互交流を図ることを目的とし、他の大学院の博士課程に在学する学生で本大学院において研究指導を受けることを志願し、本大学院との協議が整った者。
 

関連規定

【特別聴講学生】
大学院学則
(第33条)、特別聴講学生交流規程

【特別研究学生】
大学院学則
(第34条)、特別研究派遣学生交流規程

手続

窓口=学生課大学院担当(075-251-5227)

希望する場合は本学指導担当教授(主として履修する科目担当教授)を通じ、事前に学生課大学院担当に相談し、申請書類(調書、入学願書等)をHP上で入手する。
※特別研究学生授業料の免除に係る「交流協定」が締結されていない大学院については、「交流協定」の締結に3箇月以上要する。
1.必要書類等入手
学生課大学院担当あて必要書類を提出。
(本学指導担当教授と派遣元担当教授が協議済みであること。)
2.申請書類の提出 (履修希望期間の2箇月前)
調書審議、承認
3.大学院医学研究科教育委員会
↓約一ヶ月
 
4.大学院医学研究科教授会議
 
5.派遣元大学院等及び
当該大学院生あてに受け入れ許可
 
6.受入
 
7.研究等
受入期間を変更する場合も少なくとも2箇月前までに学生課大学院担当あて届けること。
8.終了
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.