法医学・医学生命倫理学/法医学教室

  法医学教室HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/hoi

大学院科目名 法医学・医学生命倫理学
医学部教室名 法医学教室
スタッフ
 教授  池谷 博
 
特任教授:石原憲治
特任教授:吉本寛司
准教授:新谷 香
講師:井戸田 望
助教:中村 磨美
助教:市岡 宏顕
助教:杵渕 貴子
プロジェクト研究員:東條美紗
研究内容
  1. 身元不明死体の出身地域推定法の開発 
  2. 法医学教室における労働衛生管理
  3. 入浴関連事故の実態解明とその地方性に関する研究
  4. 熱中症リスク因子の検討
  5. SQUID磁束計を用いた血痕磁場の測定
  6. 法中毒学的薬物分析
  7. 危険ドラッグの生理学的影響に関する研究
  8. 死後CTと解剖所見との比較検討
  9. ゲノムプロファイリングを活用した溺死診断に関する研究
  10. 屋外水死に関する調査
  11. 心筋梗塞と創傷治癒におけるPTX3の病態関与の研究
  12. 死体における年齢と骨密度の関係性
  13. 前立腺特異抗原を用いた死体の年齢推定法の検討
  14. 死後CTにおける心大血管内所見と解剖時の血液所見との比較15.
  15. 心臓の血管周囲脂肪組織とPTX3の関係性の研究
     
研究業績
  1. Successful quantification of 4'-methyl-α-pyrrolidinohexanophenone(MPHP) in human urine using LC-TOF-MS in an autopsy case. Forensic Toxicol 2016;34:398-402.
    Shintani-Ishida, K,Kakiuchi Y, Ikegaya H.
     
  2. Identification and quantification of 4'-methoxy-α-pyrrolidinobutiophenone(4-MeOPBP)in human plasma and urine using LC-TOF-MS in an autopsy case. Forensic Toxicol. 2015;33;348-354.
    Shintani-Ishida K, Nakamura M, Tojo M, Idota N, Ikegaya H.
     
  3. Drospirenone detected in postmortem blood of a young woman with pulmonary thromboembolism: A case report and review of the literature.
    Idota N, Kobayashi M, Miyamori D, Kakiuchi Y, Ikegaya H.
    Legal Medicine. 2015;17(2);109-115.
     
  4. Tracing Jomon and Yayoi ancestries in Japan using ALDH2 and JC virus genotype distributions.Investigative Genetics.2015;6:14.doi:10.1186/s13323-015-0031-1
    Miyamori D, Ishikawa N, Idota N, Kakiuchi Y, McLean S, Kitamura T, Ikegaya H.
 
問い合わせ先

TEL:075-251-5343
FAX:075-251-5343
e-mail:ikegaya@koto.kpu-m.ac.jp

教室独自のHP

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/hoi/

COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.