分子標的癌予防医学/保健・予防医学教室(予防医学部門)

分子標的癌予防医学HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/pubmed/

大学院科目名 分子標的癌予防医学
医学部教室名 保健・予防医学教室(予防医学部門)
スタッフ
教授  酒井 敏行
 
 
准教授  曽和 義広
講師   友杉(堀中) 真野
助教   飯泉 陽介
助教   渡邉 元樹
研究内容
  • 遺伝子の発現制御機構に基づいた新しい癌の予防法(遺伝子発現調節化学予防法)あるいは治療法(遺伝子調節化学療法)の開発
     
  • 分子機構に基づいた癌の分子標的併用予防法及び分子標的併用療法の開発
     
  • 産学連携による抗癌剤、癌予防食品の探索と開発
     
  • 産学連携による癌の臨床材料を用いた独自のタンパク質発現をプロファイリングする器械の開発
     
  • 癌抑制遺伝子、細胞周期調節遺伝子、アポトーシス関連遺伝子及びDNA修復関連遺伝子の発現制御機構の解析
     
  • 発癌抑制物質及び抗癌剤の遺伝子発現調節を介した作用機構の解析
     
  • 発癌物質及び環境因子の遺伝子発現調節を介した作用機構の解析
     
  • タンパク質発現プロファイリング情報に基づいた新規の悪性度や予後の診断法並びに抗癌剤感受性診断法の開発
研究業績
  • Ishii, N., et al. Enhanced inhibition of ERK signaling by a novel allosteric MEK inhibitor, CH5126766, that suppresses feedback reactivation of RAF activity. Cancer Res., 73: 4050-60, 2013.
  • Shiraishi, T., et al. Tunicamycin enhances TRAIL-induced apoptosis in human prostate cancer cells. Cancer Res., 65: 6364-70, 2005.
  • Yoshida, T., et al. Proteasome inhibitor MG132 induces death receptor 5 through CCAAT/Enhancer-binding protein homologous protein. Cancer Res., 65: 5662-7, 2005.
  • Nakano, K., et al. Butyrate activates the WAF1/Cip1 gene promoter through Sp1 sites in a p53-negative human colon cancer cell line. J. Biol. Chem., 272: 22199-206, 1997.
  • Ohtani-Fujita, N., et al. CpG methylation inactivates the promoter activity of the human retinoblastoma tumor-suppressor gene. Oncogene, 8: 1063-7, 1993.
問い合わせ先

TEL:075-251-5339/5338
FAX:075-241-0792
e-mail:tsakai@koto.kpu-m.ac.jp

教室独自のHP

 http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/pubmed/

COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.