消化器内科学/内科学教室(消化器内科学部門)

消化器内科学HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/syokanai/index.html

大学院科目名 消化器内科学
医学部教室名 内科学教室(消化器内科学部門)
スタッフ

 教授   伊藤 義人
 
 
准教授(兼)    内藤 裕二(内視鏡・超音波診療部)
准教授       小西 英幸
准教授       高木 智久(北部医療センター)
准教授(併任)   安居 幸一郎(京都府給与厚生課)
准教授(併任)   時田 和彦(山城南保健所)
講師        阪上 順一(内視鏡・超音波診療部、総合診療部)
講師        保田 宏明
講師(兼)     石川 剛(化学療法部)
講師        森口 理久
講師        角田 圭雄
講師(兼)     吉田 直久(化学療法部、
               がんプロフェッショナル養成センター)
学内講師      半田 修
学内講師      内山 和彦
学内講師      山口 寛二
学内講師      鎌田 和浩
学内講師      中村 英樹(北部医療センター)
学内講師      堅田 和弘(北部医療センター)
助教        西川 太一朗
助教        楳村 敦詩
助教        土肥 統
助教(併任)    岡山 哲也(癌免疫細胞制御学講座)
助教        福居 顯文(北部医療センター)
助教        稲田 裕(北部医療センター)
助教        橋本 光(北部医療センター)
助教(併任)    廣瀬 亮平(京都府健康福祉部)
助教(併任)    瀬古 裕也(京都府健康福祉部)
研究内容
  1. 消化管炎症性疾患に対する新規治療標的分子の探索
  2. 消化管癌の原因遺伝子の検索
  3. 消化管炎症・免疫性消化管疾患の機序の検索
  4. 消化器疾患の診断・予防に有用な生体内標的分子(バイオマーカー)の同定とその応用
  5. 消化器癌に対する化学・免疫・温熱療法
  6. 消化器癌の遺伝子治療
  7. ヘリコバクター・ピロリ菌除菌療法による胃発癌予防の基礎的・臨床的研究
  8. 早期癌の内視鏡的治療を含めた消化器癌の高度先進医療
  9. 特殊光内視鏡を用いた内視鏡診断・治療の開発
  10. 急性膵炎の重症化予知
  11. CRAI、ENなどの急性膵炎に対する特殊療法の検証
  12. 急性膵炎回復期における膵再生の基礎的研究
  13. 慢性膵炎疼痛対策としての経腸栄養療法の検証と標準化
  14. 慢性膵炎、遺伝性膵炎・家族性膵炎の全国調査解析
  15. B型慢性肝炎の治療・ウイルス遺伝子のゲノムへの組み込みと肝発がんへの関与 
  16. 消化器癌の発癌に関わる癌遺伝子・癌抑制遺伝子の検索とその機能解析
  17. 動物モデルを用いた非アルコール性脂肪肝炎の発症・癌化に関わる新たな分子の同定
  18. 動物モデルを用いた非アルコール性脂肪肝炎の病態・細胞老化を規定する免疫細胞の解析
  19. 非アルコール性脂肪肝炎への進展を規定する遺伝的および環境因子の解明
  20. 非アルコール性脂肪肝炎に対する新規治療法の開発
  21. 難治性C型慢性肝炎の病態解析と治療法の選定
  22. 完治率90%以上を確保するためのC型慢性肝炎・肝硬変の治療法の開発
  23. 治療前・後に出現するDAA耐性ウイルスの解析
  24. 肝疾患のインフラマゾーム活性化の研究
研究業績

 1)Lower levels of insulin-like growth factor-1 standard deviation score are associated with histological severity of nonalcoholic fatty liver disease. Hepatol Res. 2014 Aug 28.

 

2)Blockade of interleukin 6 signalling ameliorates systemic insulin resistance through upregulation of glucose uptake in skeletal muscle and improves hepatic steatosis in high-fat diet fed mice. Liver Int. 2014 Jul 26.

 

3)Prevalence of and risk factors for non-alcoholic fatty liver disease in a non-obese Japanese population, 2011-2012. J Gastroenterol. 2014 Mar 12.

 

4)Efficacy and safety of sorafenib in very elderly patients aged 80 years and older with advanced hepatocellular carcinoma. Hepatol Res. 2014 Feb 14

 

5)Oligosaccharides from agar inhibit murine intestinal inflammation through the induction of heme oxygenase-1 expression. J Gastroenterol 48:897-909, 2013.

 

6)BTB and CNC homolog 1 (Bach1) deficiency ameliorates TNBS colitis in mice: role of M2 macrophages and heme oxygenase-1. Inflamm Bowel Dis 19:740-753, 2013.

 

7)A novel myokine, secreted protein acidic and rich in cysteine (SPARC), suppresses colon tumorigenesis via regular exercise. Gut 62:882-889, 2013.

 

8)Early-stage blocking of Notch signaling inhibits the depletion of goblet cells in dextran sodium sulfate-induced colitis in mice. J Gastroenterol 45:608-617, 2010.

問い合わせ先 TEL:075-251-5517,5519
FAX:075-251-0710
e-mail:syokanai@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.