分子生化学/分子医科学教室(分子生化学部門)

大学院科目名 分子生化学
医学部教室名 分子医科学教室(分子生化学部門)
スタッフ
教授  奥田 司
 
 
助教  山元 康敏 
助教  平居 貴生
助教  横田 明日美
研究内容

細胞の増殖・再生・分化・そしてプログラム死はいずれもゲノム情報にもとづく精緻な制御を受けています。他方、ゲノム情報の破綻は機能タンパク分子の質的・量的異常をもたらし、細胞の正常な振る舞いを阻害します。変異が蓄積すると時に細胞は腫瘍化しますが、その詳細は明らかにされていません。私たちは造血系をモデルとし、その初期発生制御機構や造血器腫瘍発症メカニズムの解明をめざして研究を行っています。そして研究成果を臨床の現場へと還元することを究極の目標としています。実験システムとしては胚性幹細胞の試験管内分化実験系(図1)や遺伝子改変マウス個体の作製・解析(図2)などを用い、遺伝子・分子の解析から個体レベルでの作用にいたるまでの解析を行っています。今後、幅広く疾患モデル作製に取り組み、分子レベルでの理解を求めてさらに研究を展開してゆきたいと考えています。意欲的な若手研究者・大学院学生の参加を歓迎いたします。

 

研究業績

(1) Okuda T, van Deursen J, Hiebert SW, Grosveld G, Downing JR. AML-1, the target of multiple chromosomal translocations in human leukemia, is essential for normal fetal liver hematopoiesis. Cell

(2)Okuda T, Takeda K, Fujita Y, Nishimura M., Yagyu S, Yoshida M, Akira S, Downing JR, Abe T. Biological characteristics of the leukemia-associated transcriptional factor AML1 disclosed by hematopoietic rescue of AML1-deficient embryonic stem cells by using a knock-in strategy. Molecular and Cellular Biology, 20(1): 319-328, 2000.

(3)Nishimura M, Fukushima-Nakase Y, Fujita Y, Nakao M, Toda S, Kitamura N, Abe T, Okuda T. VWRPY-motif-dependent and -independent roles of AML1/Runx1 transcription factor in murine hematopoietic development. Blood, 103(2): 562-570, 2004.

(4)Fukushima-Nakase Y, Naoe Y, Taniuchi I, Hosoi H, Sugimoto T, Okuda T. Shared and distinct roles mediated through C-terminal subdomains of Acute Myeloid Leukemia/Runt-related transcription factor molecules in murine development. Blood, 105(11): 4298-4307, 2005.

(5)Setoguchi R, Tachibana M, Naoe Y, Muroi S, Akiyama K, Tezuka C, Okuda T, Taniuchi I Repression of the Transcription Factor Th-POK by Runx Complexes in Cytotoxic T Cell Development. Science 319(5864): 822-825, 2008.
問い合わせ先

TEL:075-251-5315(5316)
FAX:075-213-2746
e-mail:okuda@koto.kpu-m.ac.jp

教室独自のHP  
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.