包括的緩和医療学

大学院科目名 包括的緩和医療学
医学部教室名  疼痛・緩和医療学教室
スタッフ
 
教授  細川 豊史
 
講師    上野 博司
学内講師 深澤 圭太
特任助教 大西 佳子(在宅チーム医療推進学講座)
特任助教 権  哲  (地域包括緩和医療学講座)
病院助教 原田 秋穂
病院助教 深澤 まどか
病院助教 谷口 彩乃
病院助教 山代 亜紀子
病院助教 波多野 貴彦
病院助教 岡田 恵
研究内容 2012月4月より疼痛・緩和医療学講座として設立、2016年4月より疼痛・緩和医療学教室に名称変更
疼痛緩和(ペインクリニック)と緩和ケアを複合させた痛み治療および研究を進めている。
・神経ブロックの解剖学的要因と効果に対する研究
・超音波ガイド下神経ブロック手技開発について
・緩和医療における大学病院の地域連携システムの構築について
・診断時からの緩和ケアを普及啓発していくための医学教育について  など 
研究業績
・文部科学省科学研究費科学研究費補助金基盤研究(C) 平成25〜27年度
タキサン系抗癌剤による末梢神経障害性疼痛の予防・治療法の開発
・文部科学省科学研究費科学研究費補助金基盤研究(B) 平成24〜26年度
グラム陰性菌のV抗原及びその相同タンパクに対する血清疫学調査
・厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)平成26年度
がん診療拠点病院におけるがん疼痛緩和に対する取り組みの評価と改善に関する研究
1 Fukazawa K, Matsuki Y, Ueno H, Hosokawa T, Hirose M. Risk factors related to accidental intravascular injection during caudal anesthesia. J Anesth. 2014 Dec;28(6):940-3.
2 Kanbayashi Y, Hosokawa T. Predictive factors for nausea or vomiting in patients with cancer who receive oral oxycodone for the first time: is prophylactic medication for prevention of opioid-induced nausea or vomiting necessary? J Palliat Med.2014; 17:683-7. (IF=1.912)
3 Kanbayashi Y, Onishi K, Hosokawa T. Factors predicting adverse events associated with pregabalin administered for neuropathic pain relief. Pain Res Manag. 2014; 19:e164-7. (IF=1.518)
3 Kanbayashi Y, Onishi K, Fukazawa K, Okamoto K, Ueno H, Takagi T, Hosokawa T. Predictive factors for postherpetic neuralgia using ordered logistic regression analysis. Clin J Pain. 2012; 28:712-4. (IF=2.527)
4 Kanbayashi Y, Hosokawa T, Kitawaki J, Taguchi T. Statistical identification of predictors for paclitaxel induced peripheral neuropathy in breast or gynaecological cancer patients. Anticancer Res 33:1153-1156, 2013.(IF=1.872)
5 Kanbayashi Y, Hatano Y, Hata Y, Morita T, Fukui K, Hosokawa T. Predictive factors for agitation severity of hyperactive  delirium in terminally ill cancer patients in a general hospital using ordered logistic regression analysis. J Palliat Med 16(9):1020-5, 2013.Sep.(IF=2.845)
6 Yoshida T, Hosokawa T, Ishikawa N, Yagi S, KokuraY, Naito M, Nakanishi Y, Kokuba E, Otsuji H, Kuroboshi M, Taniwaki T,  Taguchi H, Hosoi T, Nakamura and Miki T. Efficacy of Goshajinkigan for Oxaliplatin-Induced Peripheral Neuropathy in Colorectal Cancer Patients. Journal of Oncology Vol2013, Article ID 139740:8p, 2013.
8 Hatano Y, Fujimoto S, Ikka T, Hosokawa T, Fukui K. Oral Nutrition or the Ability to Speak;The Choice Faced by a Cancer Survivor. J Pain Symptom Management 46(3):452-455, 2013.
9 Kanbayashi Y, Hosokawa T. Vaccination Against and Treatment of Acute Herpes Zoster for Prevention of Post-Herpetic Neuralgia. Curr Pain Headache Rep 17:371-377, 2013.
 
問い合わせ先
TEL:   075-251-5177
        075-251-5178
FAX:
e-mail:
教室独自のHP  
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.