テキストサイズ

  • テキストサイズ 中
  • テキストサイズ 大

JP

検索

EN

Menu

閉じる

疼痛・緩和医療学/疼痛・緩和医療学教室

大学院科目名 疼痛・緩和医療学
医学部教室名 疼痛・緩和医療学教室
スタッフ
准教授   天谷 文昌
学内講師  深澤 圭太
特任助教  原田 秋穂(地域包括緩和医療学講座)
病院助教  深澤 まどか
病院助教  谷口 彩乃
病院助教  山代 亜紀子
病院助教  波多野 貴彦
病院助教  藤原 恵
病院助教  仲宗根 ありさ
病院助教  堀江 里奈
病院助教  永井 義浩
臨床心理士 茅野 綾子
研究内容  2012月4月より疼痛・緩和医療学講座として設立、2016年4月より疼痛・緩和医療学教室に名称変更
疼痛緩和(ペインクリニック)と緩和ケアを複合させた痛み治療および研究を進めている。
・神経ブロックの解剖学的要因と効果に対する研究
・超音波ガイド下神経ブロック手技開発について
・緩和医療における大学病院の地域連携システムの構築について
・診断時からの緩和ケアを普及啓発していくための医学教育について など
研究業績
文部科学省科学研究費科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽) 平成29年度〜
アレスチンと痛覚受容体の機能連関に注目した新たな慢性痛発症メカニズムの解析
・文部科学省科学研究費科学研究費補助金 基盤研究(B) 平成30年度〜
Parkinとミトコンドリア機能不全に着目した慢性痛の新規治療戦略
 
1 Yamaguchi Y, Oh-hashi K, Matsuoka Y, Takemura H, Yamakita S, Matsuda M, Sawa T, Amaya F.  Endoplasmic Reticulum Stress in the Dorsal Root Ganglion Contributes to the Development of Pain Hypersensitivity after Nerve Injury. Neuroscience, in press.
2 Amaya F. A good beginning makes a good ending: association between acute pain trajectory and chronic postsurgical pain. J Anesth, in press.
Takemura H, Fujita D, Matsuda M, Fujita K, Sakaguchi M, Amaya F. Peripheral nerve block combined with general anesthesia for lower extremity amputation in hemodialysis patients: case series. JA Clinical Reports 4: 77, 2018.
3 Okamoto A, Yamasaki M, Yokota I, Mori M, Matsuda M, Yamaguchi Y, Yamakita S, Ueno H, Sawa T, Taguchi T, Hosokawa T, Amaya F. Classification of acute pain trajectory after breast cancer surgery identifies patients at risk for persistent pain: a prospective observational study. J Pain Res 11: 2197-206, 2018.
4 Yamakita S, Horii Y, Takemura H, Matsuoka Y, Yamashita A, Yamaguchi Y, Matsuda M, Sawa T, Amaya F. Synergistic activation of ERK1/2 between A-fiber neurons and glial cells in the DRG contributes to pain hypersensitivity after tissue injury. Mol Pain 14: 1744806918767508, 2018.
5 Sugiyama Y, Iida H, Amaya F, Matsuo K, Matsuoka Y, Kojima K, Matsuno F, Hamaguchi T, Iseki M, Yamaguchi K, Takahashi Y, Hara A, Sugasawa Y, Kawamata M, Tanaka S, Inagaki Y, Otsuki A, Yamazaki M, Ito H. Prevalence of chronic postsurgical pain after thoracotomy and total knee arthroplasty: a retrospective multicenter study in Japan (Japanese Study Group of Subacute Postoperative Pain). J Anesth 32: 434-38, 2018.
6 Oh-Hashi K, Sugiura N, Amaya F, Isobe KI, Hirata Y. Functional validation of ATF4 and GADD34 in Neuro2a cells by CRISPR/Cas9-mediated genome editing. Mol Cell Biochem 440: 65-75, 2018.
7 Norisada J, Fujimura K, Amaya F, Kohno H, Hirata Y, Oh-Hashi K. Application of NanoBiT for Monitoring Dimerization of the Null Hong Kong Variant of alpha-1-Antitrypsin, NHK, in Living Cells. Mol Biotechnol 60: 539-49, 2018.
8 Yamakita S, Matsuda M, Yamaguchi Y, Sawa T, Amaya F. Dexmedetomidine prolongs levobupivacaine analgesia via inhibition of inflammation and p38 MAPK phosphorylation in rat dorsal root ganglion. Neuroscience 361: 58-68, 2017.
9 Ohsima N, Amaya F, Yamakita S, Nakayama Y, Kato H, Muranishi Y, Numajiri T, Sawa T. Difficult tracheal intubation and post-extubation airway stenosis in an 11-month-old patient with unrecognized subglottic stenosis: a case report. JA Clinical Reports 3: 10, 2017.
10.Taniguchi A, Fukazawa K, Hosokawa T. Selective Percutaneous Controlled Radiofrequency Thermocoagulation of the Gasserian Ganglion To Control Facial Pain Due to Medication-Related Osteonecrosis of the Jaw. J Palliat Med. 20(10) : 1171-1174, 2017.
11.藤原恵, 谷口彩乃, 細川豊史. メサドンへのstop and go法によるスイッチングに持続硬膜外ブロックを併用し, がん疼痛ケアに成功した1例. ペインクリニック38(5): 665-670, 2017.
12.波多野貴彦, 細川豊史, 深澤圭太. 他施設からの紹介患者の上腹部がん性疼痛に対するコーンビームCTを用いた内臓神経ブロック(腹腔神経叢ブロック)の有効性の検討.ペインクリニック38(9): 1229-1235,  2017.
13.原田秋穂, 細川豊史. 悪心・嘔吐・空嘔がプレガバリンで軽快した膵頭部がん患者. ペインクリニック37(7): 943-948, 2016.
14.岡本明子, 上野博司, 山代亜紀子, 岡田恵, 仲宗根ありさ, 波多野貴彦, 原田秋穂, 谷口彩乃, 大西佳子, 権哲, 深澤圭太, 田口哲也, 天谷文昌, 細川豊史. 乳癌末期における緩和ケアとしての酢酸メドロキシプロゲステロンの可能性について、2例の経験からの考察. 癌と化学療法43(3): 345-348, 2016.
15.谷口彩乃, 権哲, 山代亜紀子, 細川豊史. 痛みの原因となった腫瘍消失後も遷延する痛みをもつ患者に, オピオイド鎮痛薬の薬物関連異常行動を認めた悪性リンパ腫の1例. Palliative Care Research 11(3): 548-552, 2016.
問い合わせ先
TEL:075-251-5177
FAX:075-251-5178
e-mail:
教室独自のHP  

〒602-8566. 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465

お問い合わせ先
TEL:075-251-5111
FAX:075-251-7093