移植・再生外科学/外科学教室(移植・一般外科学部門)

 移植・一般外科HP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/orgtx/

大学院科目名 移植・再生外科学
教室名 外科学教室(移植・一般外科学部門)
スタッフ
教授  吉村 了勇
 
 
准教授   牛込 秀隆
講師    飯田 拓
講師(兼務) 昇 修治
講師    中村 憲司
助教    越野 勝博
助教    中村 緑佐
研究内容

 臓器移植、特に腎移植・肝移植・膵移植を中心とした臨床を行っていることから、研究も移植免疫、病理等を中心として臨床・基礎研究を行ってきている。

臨床研究においては、移植臓器の活性を種々の方法で測定し病態に応じた治療ができる様に努めている。又、臨床病理と週1回カンファレンスを行い病理学検討をおこなっている。臓器移植に必要不可欠な免疫抑制剤について、薬剤部との協同研究で肝移植や腎移植後の pharmacokineties や Dynamicsの評価検討をおこないオーダーメイド治療をおこなってきている。

 基礎研究においては、京都薬科大学との協同研究で間葉系幹細胞を用いた臓器移植における免疫寛容の誘導に着手しており、これが達成できれば免疫抑制剤の無い(副作用や感染症の発症しない)臓器移植が可能になる。

研究業績
  1. 吉村了勇、昇修治、鈴木智之、越野勝博、中村緑佐、中尾俊雅、原田俊平、伊藤孝司、牛込秀隆.悪性腫瘍.腎と透析編集委員会編.透析腎移植のすべて 腎と透析Vol.76 2014 臨時増刊号.東京;東京医学社,691-694,2014.
  2. 牛込秀隆、昇修治、伊藤孝司、吉村了勇.ミゾリビン.腎と透析編集委員会編.透析腎移植のすべて 腎と透析Vol.76 2014 臨時増刊号.東京;東京医学社,509-512,2014.
  3. Yoshimura N,Ushigome H,Nobori S,Suzuki T,Sakai K,Koshino K,Nakamura T,Nakao T,Harada S,and Ito T.Usefulness and Safety of High-dose Mizoribine on ABO-incompatible Living Related Kidney Transplantation Using Anti-cd20 and Anti-cd25 Antibodies Without Splenectomy:3-year Results. Transplantation Proceedings 46:391-394,2014.
  4. Koshino K,Ushigome H,Nakao T,Harada S,Sakai K,Suzulo T,Nobori S,Ito T,and Yoshimura N.Usefulness of Follow-up Biopsies at One Year After ABO-incompatible Kidney Transplantation. Transplantation Proceedings 46(2):385-387,2014.
  5. Suzuki T,Nakao T,Harada S,Nakamura T,Koshino K,Sakai K,Nobori S,Ito T,Ushigome H,and Yoshimura N.Results of Kidney Transplantation Diabetic Nephropathy:A Single-Center Experience. Transplantation Proceedings 46(2):464-466,2014.

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/orgtx/intro/report/

問い合わせ先
TEL:075-251-5532
FAX:075-223-6189
e-mail:orgtx@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/orgtx/
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.