小児循環器・腎臓学/小児科学教室(循環器・腎臓小児科学部門)

小児循環器・腎臓学HP  http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/pedchd/

大学院科目名 小児循環器・腎臓学
医学部教室名
小児科学教室(循環器・腎臓小児科学部門)
スタッフ
准教授(併任) 糸井 利幸
准教授     西田 眞佐志
助教(学内講師)池田 和幸
助教(学内講師)奥村 謙一 
研究内容

1.川崎病血管障害の病態解明と治療に関する研究
 (1)川崎病モデル 動物の開発と、それを用いた血管壁の破壊と再構築に関する基礎的研究
 (2)川崎病血管障害と動脈硬化発現に関する基礎的・臨床的研究
 (3)血管内皮障害の発現機序と薬物治療および再生治療に関する基礎的・臨床的研究

2.心臓形態形成と再生医療に関する研究
 (1)心臓形態形成および肺血管新生に関する分子生物学的研究
 (2)小児期慢性心不全と心筋細胞アポトーシス、およびその再生医療に関する研究

3.心筋代謝に関する研究
 (1)容量、左負荷に伴う幼若心筋の虚血後再灌流障害におけ心筋エネルギー代謝に関する実験的研究
 (2)孤立灌流肺モデルを用いた高肺血流における肺動脈内皮機能−血管スパスムの病態研究

4.腎臓病に関する研究
 (1)腎線維化の進展機序と浸潤マクロファージの役割、およびその治療薬開発などに関するマウス片側尿管結紮モデルを用いた研究
 (2)腎障害に対する尿中/血中バイオマーカーに関する臨床研究

研究業績
  1. Evaluation of Coronary Flow Velocity Dynamics and Flow Reserve in Patients With Kawasaki Disease by Means of a Doppler Guide Wire. K Hamaoka, Z Onouchi, Y Kamiya, K Sakata. JACC. 1998: 31(4); 833-40.
     
  2. Detection of TUNEL-positive cardiomyocytes and c-kit-positive progenitor cells in children with congenital heart disease. H Sato, I Shiraishi,T  Takamatsu, K Hamaoka. J Mol Cell Cardiol. 2007: 43; 254-61.
     
  3. Calcium improves mechanical function and carbohydrate metabolism following ischemia in isolated bi-ventricular working hearts from immature rabbits. T. Itoi and G.D. Lopaschuk. J. Mol. Cell. Cardiol. 1996: 28; 1501-1514 
     
  4. MMP-2 inhibition reduces renal macrophage infiltration with increased fibrosis in UUO. M Nishida, Y Okumura, S Ozawa, I Shiraishi, T Itoi, K Hamaoka. Biochem Biophys Res Commun. 2007: 354; 133-9..
問い合わせ先 TEL:075-251-5832
FAX:075-251-5833
e-mail:mnishida@koto.kpu-m.ac.jp
教室独自のHP http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/pedchd/
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.