がん免疫細胞制御学講座

目的

養子免疫療法治療法の開発と有効性の検証を目的とする。

 

 

 

研究内容

養子免疫療法において、高い効果が期待できる未分化型T細胞やNK細胞を効率よく拡大培養する技術が確立され、既に癌患者を対象とした臨床研究が行われ、安全性が確認されるとともに一部有効性についても認められた。本共同研究においては、より効果の高い治療法を開発することを目的として、その作用メカニズムから未分化型T細胞やNK細胞との併用効果が期待できる免疫チェックポイント阻害剤、各種IgG1抗体薬、抗KIR抗体、プロテアソーム阻害薬、HDAC阻害薬等を用いた基礎検討及び臨床応用を行う。さらには、それら治療法の効果を評価・予測するためにモニタリング手法についても開発を行う。 

 

開設期間

平成26年5月1日~平成29年4月30日

 

 

 

平成27年度実績

詳細はこちら(PDFファイル)

 

 

共同研究機関

タカラバイオ株式会社

 

 

 

お問い合わせ
京都府立医科大学リエゾンオフィス事務局
電話:075-251-5208 FAX:075-251-5275
e-mail:kikaku01@koto.kpu-m.ac.jp

COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.