リウマチ・関節機能制御学講座

目的

関節リウマチ・変形性膝関節症の病因に関する基礎研究から、診断と治療、機能評価、リハビリなどのトータルケアーにおける先進的な統合的研究を開発、提供することを目的としています。

 

 

研究内容

基礎分野

 (1)関節リウマチの病因における自然免疫機構の関与
 (2)遺伝子多型が薬剤感受性におよぼす影響の研究
 (3)変形性関節症の軟 骨破壊関連分子の解析
診断分野

 (1)関節超音波による滑膜炎の定量的評価

 (2)造影MRIを用いた関節炎と関節破壊の予後予測法を確立

治療分野

 (1)疾患装飾性抗リウマチ剤および生物学的製剤を用いた薬物療法のストラテジー確立

 (2)薬物療法と手術療法の組み合わせによる患者個別化療法の確立

 (3)薬物療法と早期リハビリテーションおよび装具療法による関節破壊抑制

などを中心に研究する。

 

 

 

開設期間

平成24年8月1日~平成29年7月31日

 

 

 

平成28年度実績

詳細はこちら(PDF)

 

 

 

お問い合わせ
京都府立医科大学リエゾンオフィス事務局
電話:075-251-5208 FAX:075-251-5275
e-mail:kikaku01@koto.kpu-m.ac.jp

COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.