鏡視外科光学講座

目的

消化器疾患に対する低侵襲を目指した種々の光学的手法(腹腔鏡など)による手術手技の開発検討を行うことを目的とする。

 

 

研究内容

手術侵襲の程度について、血液検査により炎症性サイトカインなどの生体反応への影響を調べる。術後の疼痛の軽減やQOLの向上についても客観的手法により評価する。

 

 

開設期間

平成19年11月1日~平成24年10月31日

 

 

平成24年度実績

詳細はこちら(PDFファイル)

 

 

お問い合わせ
京都府立医科大学リエゾンオフィス事務局
電話:075-251-5208 FAX:075-211-7093
e-mail:kikaku01@koto.kpu-m.ac.jp

 
COPYRIGHT (C) 2012 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.