センターについて

センター長挨拶

研究開発・質管理向上統合センター(CQARD)は平成26年11月1日に開設され、そのミッションは名称が物語るとおり二つあります。一つは研究シーズの発見段階から、その前臨床、臨床研究、実用化に至るまでシームレスな研究支援を行うことにより本学発の研究の推進に貢献すること、二つ目は、本学において実施される研究の質管理・保証を行うことです。これには四つのポイントがあります。一つ目は臨床研究の科学性・倫理性を担保するために、生物統計学、利益相反(Conflict of Interest; COI)マネージメント、倫理審査、知財の観点から支援いたします。二つ目は研究データの保管であり、将来的には本学における全ての研究データを一定期間保管できるシステムを作ります。三つ目は研究倫理教育であり、e-ラーニング教材の履修義務化に加えて、研究倫理研修会の定期的開催等により、大学院生を含む本学研究者の倫理意識の向上を図ります。四つ目は論文作成に関してであり、英文校閲を支援するとともにオーサーシップやCOI開示などが適正に実施されるように指導いたします。以上のようなミッションを具現化するうえでは多くの解決すべき課題が残っていますが、京都府立医科大学における研究が学界において正しく評価され、しかも社会に一層貢献できるものとなるよう、その基盤づくりに微力ながら注力する所存です。
センター長:伏木信次

ミッションステートメント

  1. 研究開発へのシームレスな 支援による研究推進
  2. 臨床研究の科学性・倫理性の担保
  3. 京都府立医科大学における研究の質管理・保証

沿革

  • 2015年5月11日 HP開設、臨床研究の支援を開始

組織体制

 
 
研究開発・質管理向上統合センターは京都府立医科大学に設置されたセンターです。
 

活動報告

作成中