部門紹介

研究開発部門

研究開発の推進及び研究活動の統合的なサポート並びに研究開発・質管理向上統合センターの運営を行っています。

この部門は、研究開発の推進及び研究活動の統合的なサポートを行う。具体的には、研究開発の方向性について研究者より相談を受け、 研究アイディアを科学的及び倫理的に適切な研究へと練り上げる支援を行う。研究計画が策定された後も、研究統合センター他部門と連携協調して、研究計画の 実施を後押しする。 また、研究統合センターの運営を行い、センターが今後、大学全体の研究活動を覆うかさのような支援機構に発展するよう、企画・実行する。
この部門内に設置されている「医療フロンティア展開学」は、研究開発に必要な知識等を教育し研修を行う。
部門長:中川正法

生物統計・データマネージメント部門

生物統計、データマネージメント及び臨床疫学に関する助言・相談・支援を行っています。

この部門では、生物統計、データマネージメント及び臨床疫学に関する専門家が、相談を受け、助言・支援を行い、研究計画の作成及び実施並びに研究成果の開示の各段階で、適正に研究をデザイン・データ管理・統計解析して、科学的に妥当な解釈を与える。この部門は生物統計学教室が主導する。本教室では、医学部・大学院における臨床研究方法論及び生物統計学の教育、並びに上記の専門家の育成に関与し、学内で教育と研究の現場をつなぐ役割を果たす。
部門長:手良向聡

臨床研究部門

承認された臨床研究計画について実施を支援しています。

この部門は、承認された臨床研究及び臨床試験の計画実施支援を臨床研究コーディネーター(CRC)が行うのみでなく、研究統合センター各部門と連携して計画策定時より係わり、研究の適正な実施を確保すると共に、臨床研究及び治験において、研究参加者や患者の保護が図られるように活動する。
臨床治験センターは、当初治験を主に支援しているが、徐々に臨床研究部門として、大学全体の臨床研究を支援する。
部門長:中川正法

研究倫理教育・管理部門

倫理教育・研修、倫理審査及び利益相反管理を行っています。

この部門は、研究者や研究補助者、そして倫理審査委員会の医学分野以外の委員やこれから研究者を目指す学生に対しての医療倫理や研究倫理教育及び定期的な研修の企画と実施を行うことで研究倫理規範意識の啓発と向上を図り、研究不正や逸脱が起きない環境づくりとシステムの構築を主なミッションとしている。このミッションを実現するために、当部門は、他部門と連携して医学研究や臨床試験の倫理指針や関係法令の遵守を指導・助言する。また研究計画の倫理審査が迅速で効率かつ公正で適切に遂行されるための事務局的業務を担うとともに不正防止と研究の中立性確保に欠かせないCOIの管理のために利益相反委員会が適切なマネージメントを行うことの補佐的な業務も担う。
部門長:瀬戸山晃一

研究・論文作成指導部門

研究・論文の指導、助言及び適切性を判断しています。

この部門では、臨床研究等によって得られた研究成果を、インパクト高く適正な形で国際的学術誌に論文として発表できるよう、研究開発部門や生物統計・データマネージメント部門と連携して、論文の構成や表現についての指導・助言を行う。また、研究グラント・スポンサーの存在、COI開示、オーサーシップの適切性についての判断も行う。さらに英文のネイティブ・スピーカーによるチェックを提供する。なお、本部門には臨床研究や基礎研究の指導に対応できるよう2名の特任教授とネイティブ・スピーカーを配する。
部門長:伏木信次(センター長兼務)